第1回キモノイスト(KIMONOIST)授賞式。冨永愛さん、武田真治さん、中川大志さんら9人が授賞

Pocket

未来のキモノを発信する人に贈られる「キモノイスト(KIMONOIST)」授賞式が11月9日、東京・港区の八芳園で行われ、冨永愛さん=写真=、武田真治さん、中川大志さんなどが登場した。「キモノイスト」は今年からスタートしたもの。Text & Photo :Shinichi Higuchi(樋口真一)オフィシャル画像を除く

「キモノイスト」は未来のキモノの発信者、新しく進化する これからのキモノを着てほしい人を選ぶアワード。着物が好きな人や似合う人だけでなく、未来のキモノを示唆し、キモノを最新のファッションでありモードとして発信、新しく進化する日本の“伝統や文化”を生活様式に写し取る新時代の生き方、楽しみ方を提案できる、アイコンとなる著名人に贈られる。

オフィシャル画像

第1回となる今回は、モデルの冨永愛さん、俳優の武田真治さん、俳優の中川大志さん、女優の松雪泰子さん、タレントの景井ひなさん、俳優の早乙女太一さん、建築家の永山祐子さん、メイクアップアーティストで僧侶の西村宏堂さん、音楽家の横山剣さんの9人が授賞した。当日は授賞式のほか、斉藤上太郎がデザインするジョウタロウ サイトウ(JOTARO SAITO)、室華風(MUROKAFU)、篠屋卯兵衛(SASAYA UHEI)、綺萌野 青野保夫(KIMONO YASUO AONO)の4ブランドによるミニキモノファッションショーも行われた。

第1回キモノイスト(KIMONOIST)冨永愛さん

冨永さんは「日本の伝統を守り、革新につなげていくこのような賞がこれまでなかったということに驚いていますし、今後も続いていくことを願っています」と挨拶。「(コレクションなどで)10代で海外に出ていったときに、同世代の若い人たちが自分の国の政治や文化について詳しく話してくれたのですが、『日本はどうなの』と聞かれたときに私は何も答えられなくて。恥ずかしい思いをしました。それがきっかけになり、日本の文化を学ばなければいけないと思い、まず着付けを習い、そこから器など、日本各地に眠っているいろいろな文化を探したり、旅をしたりするようになりました」などのエピソードも披露した。

第1回キモノイスト(KIMONOIST)武田真治さん

武田さんは「1989年に(初めて)頂いた賞はジュノンスーパーボーイコンテストですが、第2回でした。今回は第1回ということで何か新しい自分が生まれたと思っています。この着物は裏地にまでごだわって、表とは違う柄が施されているので、風に裏地をなびかせて、愛車のハーレーダビッドソンで街を疾走したい」と笑顔。

また、「着物はコンプレックスを隠しますが、特徴を更に魅力的に見せてくれるので、着物でも見える筋肉を誇示したいのですが、着物を着て時間がたっているのでちょっとパンプアップしたいと思います。横山さんや松雪さんと一緒に3回ほどスクワットをしてみたいと思います。若者が着物を着ないのは動きづらいという印象があるからだと思うので、その概念を吹き飛ばせれば」と着物の姿のまま3人で実際にスクワットを披露。「どうですか。進化した着物は着崩れません」「着物を着て僕の魅力がだだ洩(も)れになったと思います」と続け、会場を沸かせた。

第1回キモノイスト(KIMONOIST)中川大志さん

中川さんはだまし絵風の着物とクロコダイルパターンの羽織で登場。「最初に話を聞いたときには『僕でいいんですか』という感じで。思いもよらないお話でしたが、第1回にこの場所に立ったことを誇りに思います」などと喜びを語った。

第1回キモノイスト(KIMONOIST)松雪泰子さん

織と京都の型友禅染、手描き友禅染を併用するという、高度な技を駆使したハイブリット着物スタイルを身に着けた松雪さんは「素敵な賞を頂戴して大変光栄ですし、伝統文化が新たな創造に変化する今日という日にかかわれたことをとてもうれしく思っています。この着物はステンドグラスのような柄で、グラデーションがとても美しいですね」と話した。

第1回キモノイスト(KIMONOIST)景井ひなさん

また、日本を代表するTikTokクリエーターとして活躍する景井さんは「2年半ぐらい前までは普通の学生だったのでこのような素敵な場所に選ばれてびっくりしていますし、すごく光栄でうれしいです。私はTikTokが1番自分の色を出せる場所だと思っているので、たくさんいる海外のフォロワーさんたちに日本の着物文化を発信していけたらいいな、と思っています」とコメント。

第1回キモノイスト(KIMONOIST)早乙女太一さん

「4歳で初舞台を踏み、大衆演劇の世界で着物や日本の歴史に触れてきた」という「早乙女さんは「この賞から着物や日本の魅力が広がっていけばいいなと思いますし、僕自身ももっと頑張って着物の魅力を伝えるような活動をできればと思っています。着物を着ると身が引き締まるし、着る前も着た後も自分のハラの中に一本筋が通るような気がしますし、着物には洋服にはない色っぽさや特有の魅力があります」と着物の魅力を語った。

第1回キモノイスト(KIMONOIST)永山祐子さん

ドバイ万博日本館なども設計した永山さんは「このような賞をもらえるとは全く思っていなかったので、オファーを受けたときは驚きました。今日、この場にたってやっと実感がわいてきました。夢のような感じです」。

第1回キモノイスト(KIMONOIST)西村宏堂さん

西村さんは「11年アメリカに住んでいて、周りの人と自分を比べて、背が低い、足が短いのではないかとコンプレックスを持っていました。でも、着物は日本人に特に似合うもの。来年は海外で本を出版するので、着物を取り入れ、日本人として自信をもってアピールしていきたい」と述べた。

第1回キモノイスト(KIMONOIST)横山剣さん

横山さんは「とても光栄です。僕でいいんでしょうか。申し訳なく思っていますが、せっかくなので素直に喜びたいと思っています」などと話した。

第1回キモノイスト(KIMONOIST)授賞式オフィシャル画像

ジョウタロウ サイトウ(JOTARO SAITO)、室華風(MUROKAFU)、篠屋卯兵衛(SASAYA UHEI)、綺萌野 青野保夫(KIMONO YASUO AONO)によるミニキモノファッションショーオフィシャル画像

よかったらシェアしてね!