KURA 展「TATSUO MIYAJIMA」がきょう9月23日からイッセイ ミヤケ京都で開催

Pocket

「その日来場した方にサイコロを投げていただき、その日の展示を決める」ーーKURA 展「TATSUO MIYAJIMA」が9月23日から12月26日まで、京都市中京区のイッセイ ミヤケ京都(ISSEY MIYAKE KYOTO)で開催されている。KURA 展「TATSUO MIYAJIMA」は、デジタル数字をモチーフにした作品で知られる現代美術家・宮島達男とのコラボレーションによるもの。宮島の代表作はLEDのデジタル・カウンターだが、今回はアナログな手法を取り入れ、デジタル数字によって「時間」を表現している。

会場に用意されているのは、「エイポック エイブル イッセイ ミヤケ(A-POC ABLE ISSEY MIYAKE)」と宮島による新プロジェクト「タイプ・ツー タツオミヤジマプロジェクト(TYPE-II Tatsuo Miyajima project)」で使われているテキスタイルをまとった平面のパーツ。0から9の数字がランダムに織り込まれ、パーツごとに柄が異なっている。

今回の展覧会では毎日、1人の来場者に10面体のサイコロを振ってもらい、出た目に従って壁にパーツを掛けると、「時間」を暗示する数字になり、その日の作品が完成する。また、会場では、宮島のインタビュー映像も展示。作り手と受け手のコミュニケーションによって服の新たな可能性を追求する「エイポック エイブル イッセイ ミヤケ」と、宮島のパフォーマティブな作品との一期一会を、ゆっくりと堪能できる展覧会になっている。

関連記事
エイポック エイブル イッセイ ミヤケと宮島達男による「タイプ・ツー タツオミヤジマプロジェクト」がスタート

エイポック エイブル イッセイ ミヤケ京都(A-POC ABLE ISSEY MIYAKE / KYOTO)が9月23日にオープン


画像©ISSEY MIYAKE INC.

ISSEY MIYAKE KYOTO

開催場所: ISSEY MIYAKE KYOTO
会期: 9月23日(木)~12月26日(日)
住所: 〒604-8112
京都府京都市中京区柳馬場通三条下ル槌屋町 89
電話: 075-254-7540

スポンサーリンク
スポンサードリンク2




スポンサードリンク2




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク2