米富繊維が同社のデッドストック糸を再利用したショッピングバッグを販売

Pocket

山形のニットメーカー、米富繊維は6月27日から、同社のオンラインストアで、社内に眠っていたデッドストック糸を再利用して編んだニットテープと機能性ポリエステル素材 ( 防・はっ水・透湿素材 ) のボディを組み合わせたショッピングバッグを販売する。廃棄物・資源制約、海洋プラスチックごみ問題等による環境問題への取り組みの関心が高まり、7月から全国的なプラスチック製レジ袋の有料義務化が行われることに対応したもの。

ホワイト、グレー、ブラック、オレンジ、カーキ、ネイビーの6色を展開。価格は2700円(税別)。

同社では、「従来の使い捨ての出来るレジ袋ではなくデッドストック資材と組み合わせられたバッグを日常的に使用することで、改めて繰り返し使える身の回りの生活用品の見直し、またサステナブルな生活の仕方について見直すきっかけになれば」としており、「今後も日本のモノづくりカルチャーを世界に向けて発信していく企業として様々な活動を行っていきたい」考えだ。

1952年に山形県山辺町に創業。自社内にニットテキスタイル(編地)開発部門を持ち、これまでに開発したテキスタ イルのアーカイヴは数万枚を越えるという老舗ニットメーカーの米富繊維。

40年以上に渡るニットテキスタイルの開発技術は、世界でも類を見ないクオリティを実現。その技術を基に素材開発から商品開発、量産に至るまでを一貫して山辺町の自社ファクトリーにて行い、 OEM/ODM/ 自社ブランドの 3 事業を柱に企画・生産・販売 を
手掛けている。

2010年に、ニットツイードという素材の可能性を追求するためにスタートした自社ブランドのコーヘン(COOHEM)など、歴史、技術、そしてクラフ ツマンシップに裏打ちされたモノづくりは、国内外多くのブランドやセレクトショップから注目を集めている。

関連記事
コーヘン(COOHEM)を展開する山形のニットメーカー、米富繊維が一般の人を対象にした無料の工場見学会を開催

【商品概要】
■発売日 : 6 月 27 日 ( 土 ) 10:00~
■商品名 : Yonetomi ショッピングバッグ
■価格 : 2,700 円 + 税 ( 送料別 )
■カラー : 6 色展開 ( ホワイト / グレー / ブラック / オレンジ / カーキ / ネイビー )
■サイズ : 約 W330ミリメートル×H640ミリメートル×D170ミリメートル ※持ち手を含む
■素材 : ポリエステル 100パーセント
■耐荷重 : 約 19キログラム
■容積 : 約 16リットル
■取扱先 : Yonetomi ONLINE STORE(https://yonetomi.shop-pro.jp

スポンサーリンク
スポンサードリンク2




スポンサードリンク2




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク2