ディスコード ヨウジヤマモト(discord Yohji Yamamoto)がGINZA SIX店限定「テトラ」と渋谷パルコ店限定Tシャツを販売

Pocket

GINZA SIX店限定

ディスコード ヨウジヤマモト(discord Yohji Yamamoto)は、GINZA SIX店と渋谷パルコ店で各店舗限定アイテムを発売した。GINZA SIX店では、GINZA SIX店限定モデルである「テトラ(Tetra)」の新色であるオレンジ、ベージュと、2019年春夏に発表されたイエローを復刻し数量限定展開。渋谷パルコ店では、ディスコード ヨウジヤマモトのTシャツを限定展開している

「テトラ」は長さの違う2本のストラップが付き、シーンに合わせてハンドバッグやミドル丈のショルダーバッグとしても、ロングのショルダーバッグとしても、使うことができる人気のモデル。シンプルでフラットなスクエア型だけでなく、対角線上に付いたマグネットを留(と)め合わせることでテトラポットのような形にもなるなど、雰囲気を変え、アクセントをつけて楽しむことができる、ミニマルでユニークなデザインも特徴になっている。

Tシャツは、バックスタイルの襟元にはdiscord Yohji Yamamoto ロゴのために山本耀司が特別に手描きした「Yohji Yamamoto」シグネチャー・サインが配され、袖には、ロゴにも用いられている煙のようなラインドローイングとdiscord のネームタグが付いた、ミニマムなデザイン。カラーはブラックとホワイトの2色で、サイズはMとLの2サイズを展開。同ブランドのバッグ・コレクションに付属されている、ロゴが配されたドローストリングのクロスバッグに入れて販売している。

価格はGINZA SIX店限定モデル「テトラ」3万4000円、渋谷パルコ店限定Tシャツ1万2000円。

GINZA SIX店限定

渋谷パルコ店限定

渋谷パルコ店限定

ディスコード ヨウジヤマモトは、ファッションの既成概念への反骨精神から生み出されるその革新的なデザインで、40年以上、世界のモードシーンをリードし続けてきた山本耀司が、ラグジュアリーアクセサリーを通して新しい価値観を提案するブランド。ハイクオリティにこだわったコレクションは、繊細でたおやかな日本の文化である、奥ゆかしい美しさをデザインに取り入れるとともに、山本の哲学である未完成とアシンメトリー(非対称)の美学を象徴し、 山本にしか創り出せない凜(りん)とした、比類ない世界観を日本から世界に提案している。

スポンサーリンク
スポンサードリンク2




スポンサードリンク2




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク2