コーヘン(COOHEM)を展開する山形のニットメーカー、米富繊維が一般の人を対象にした無料の工場見学会を開催

Pocket

山形のニットメーカー、米富繊維は、山形ビエンナーレ期間中の9月13日、9月14日、9月21日、9月22日の4日間、同社山形本社で、一般の人を対象にした工場見学会「ヨネトミ ファクトリー ツアー(YONETOMI FACTORY TOUR)」を開催する。参加費無料。

スポンサードリンク


工場見学会は完全予約制(先着順)。時間は10:00~11:10と14:00~15:10の1日2回で、所要時間は約70分。

希望者は、見学日の3日前までに電話023-664-8166、またはメールinfo@yonetomi.co.jpで、予約する。

1952年に創業。自社内にニットテキスタイル開発部門を擁し、オリジナル性の高いニット製品を提供し続けている米富繊維。2010年にはニットツイードという素材の可能性を追求する自社ブランド、コーヘン(COOHEM)をスタート。高度な解析を要するプログラミングと、色や素材を組み合わせるクリエイションなど、経験と技術を兼ね備えたベテラン社員と若手社員の発想を融合させた、新しいモノづくりを行っている。コーヘンを手がける大江健さんはTOKYO FASHION AWARDの受賞デザイナーの1人に選ばれた。

今回の工場見学会は、コーヘンを産み出し、世界へ向けて日本のモノづくりカルチャーを発信し続けている米富繊維の唯一無二のモノづくりをより多くの人に知ってもらいたい、という考えから実施するもの。同社では、「県内外から多くのお客様が来県する山形ビエンナーレ開催期間中にこのような取り組みをすることで、ひとりでも多くのお客様に1本の糸からセーターが作られていく過程や高度な編地開発技術、コーヘンのモノづくりを手掛け、支えている職人たちなど、製品を作る工程や裏側、製品の魅力を認知してもらい、山形のモノづくりを知っていただくきっかけを提供することで山形の地域活性化に貢献していく」考え。

関連記事

東京ファッションアワード第3回受賞ブランド、ダブレット(doublet)の井野将之が日本人初LVMHプライズ 2018グランプリを受賞

佐藤繊維(Sato Seni)が好調。時代にマッチ。「日本の技術を集約したニットを作っていきたい」佐藤正樹社長

ジャパン・ベストニット・セレクション2017ケンランドがアワード受賞準グランプリは中橋莫大小とウメダニット

開催概要
〈参加費〉  無料
〈実施日〉  9/13(木)、9/14(金)、9/21(金)、9/22(土)
〈時間〉   10:00~11:10 / 14:00~15:10※開始10分前を目安にお越しください。
〈人数〉   各回1名様~10名様
〈場所〉   米富繊維株式会社 山形本社 山形県東村山郡山辺町大字山辺1136 電話023-664-8166 ※正面玄関よりお入りください。

*ご見学後にCOOHEMの最新秋冬コレクション、財布やポーチなどの雑貨、クラッチバッグのカスタマイズ オーダー等お買い求め頂けるショップをご用意しております。
*注意事項
・キャンセルや人数、時間のご変更は見学日の3日前までお電話にて可能です。 (予約状況によっては対応できかねます)
・旅行会社の企画募集による見学は受け付けておりません。
・駐車場が大変限られているため乗り合わせてお越しください。
・お客様の事由による当社工場内での事故、怪我などについての責任は負いかねます。

スポンサーリンク
スポンサードリンク2




スポンサードリンク2




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク2