『イッセイさんはどこから来たの? 三宅一生の人と仕事』発売記念展が6月26日から銀座の森岡書店で開催

Pocket

『イッセイさんはどこから来たの? 三宅一生の人と仕事』発売記念展 が6月26日から7月1日、東京・銀座の森岡書店で開催される。

スポンサードリンク


『イッセイさんはどこから来たの? 三宅一生の人と仕事』に掲載されたパリ・コレクションの招待状を展示

今回の展覧会は、昨年12月に発売された『イッセイさんはどこから来たの? 三宅一生の人と仕事』に掲載されたイッセイ ミヤケのパリ・コレクションの招待状の中から厳選された現品を展示するもの。パリ・コレクションに招待されたプレスやバイヤー、など関係者だけに送られる招待状。その巧みなグラフィックや紙のテイスト、印刷技術へのこだわりを、実物ならではの迫力で体感することができる貴重な機会となる。

『イッセイさんはどこから来たの? 三宅一生の人と仕事』は、2016年にドイツの出版社タッシェン(TASCHEN)から出版された、コレクションやプロデュースした活動、展覧会、出版物、掲載記事等を含む三宅の仕事の集大成とも言える書籍『Issey Miyake 三宅一生』に収録された小池一子さんのエッセイ8章に、書き下ろしの第9章を加えて、新たな読み物としたもの。

各章には、横尾忠則が1977年から1999年までの間に手がけたイッセイミヤケの21シーズンのパリ・コレクションの招待状から29点をカラー図版で掲載。活版印刷の重厚感のある縦組みの日本語テキストと、横組みの英語テキストが対をなす、浅葉の手腕の光る単行本になっている。

2018 年6月26日から7 月1日
13:00 – 20:00
会場:森岡書店 東京都中央区銀座 1-28-15 鈴木ビル
Tel: 03-3535-5020

書籍概要
タイトル:イッセイさんはどこから来たの? 三宅一生の人と仕事
企画:北村みどり/著者:小池一子/装幀:浅葉克己/扉絵:横尾忠則 判型:B5 判
ハードカバー 表紙:布クロス貼り(箔押し)
和英・両面表紙 ページ数:206 ぺージ
テキスト:和英完全バイリンガル(和文:活版印刷)
扉絵点数:21 点(表裏合計:29 図版)
定価:本体 3,200 円
ISBN 978-4-908062-20-9 C0070

関連記事・おすすめ記事

森ビル デジタルアート ミュージアム:エプソン チームラボ ボーダレス (MORI Building DIGITAL ART MUSEUM: EPSON teamLab Borderless)がオープン

浮世絵世界で本物の猫と遊べる江戸版の猫カフェ「江戸ねこ茶屋(EDO CAT CAFE)」が東京・両国にオープン

スポンサーリンク
スポンサードリンク2




スポンサードリンク2




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク2