第8回イタリア料理コンクール「グラン・コンコルソ・ディ・クチーナ2017(Gran Concorso di Cucina 2017)」が開催。優勝はスリランカ出身のサンパット・バンダラさん

Pocket

サンパット・バンダラさんPhoto by Hotter Than July Inc.

在日イタリア商工会議所(ICCJ が主催する第8回イタリア料理コンクール「グラン・コンコルソ・ディ・クチーナ2017(Gran Concorso di Cucina 2017)」の決勝戦が12月4日、東京・港区の東京ガス業務用ショールーム「厨BO!SHIODOME」で行われ、スリランカ出身のサンパット・バンダラさん(ヒルトン東京お台場)が優勝した。

同コンクールはイタリア政府により世界中で行われている「世界イタリア料理週間」の公式プロジェクト。日本国籍以外のシェフが優勝したのは初めて。優勝したサンパット・バンダラさんにはアリタリア-イタリア航空からイタリア往復航空券が贈られる。

スポンサードリンク


決勝進出者8名のトップとなったサンパット・バンダラさんは31歳。サンパット・バンダラさんは「とれも幸せな気分です。多くの才能にあふれた日本人シェフの間で勝てるなんて、いまだに信じられません。決勝戦メニューは、とてもシンプルなメニューです。バリラのリングイネであったり、イタリアのエキストラバージン・オリーブオイル、築地市場で自ら選んだロブスターとチェリートマト、この食材を組み合わせて今回のメニューができました」とコメントしている。

また、高瀬 智之さん(リストランテ マキャベリ / 東京)が第2位、櫛田 賢市さん(びわ湖大津プリンスホテル レイクビューダイニング ビオナ / 滋賀)が第3位を、それぞれ受賞。

バリラジャパンによるバリラ賞は横山浩平さん(IL NESSO / 神奈川)、ジャーナリスト賞は櫛田賢市さん(びわ湖大津プリンスホテル レイクビューダイニング ビオナ / 滋賀)に決まった。

関連記事

「ボキューズ・ドール(Bocuse d’Or)2019 日本代表発表及びチーム・ジャパン結成式」開催。日本代表のメゾン・ド・タカ芦屋料理長の髙山英紀シェフらが出席

イタリア商工会議所が日本人シェフを対象としたイタリア料理コンクール「グラン・コンコルソ・ディ・クチーナ2017 」開催。 エントリーは10月8日まで。

サンパット・バンダラさんの決勝戦でのメニュー。バリラリングイネをチェリートマトのコンポートとロブスターのソースで

サンパット・バンダラさんの決勝戦でのメニュー。バイオバランスビーフのタルタル

Photo by Hotter Than July Inc.

スポンサーリンク
スポンサードリンク2




スポンサードリンク2




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク2