第52回モーダ・イタリア展と第62回シューズ・フロム・イタリー展スケジュール発表

Pocket

イタリア大使館貿易促進部は、第52回モーダ・イタリア(Moda Italia 52th)展と第62回シューズ・フロム・イタリー(Shoes from Italy 62th)展のスケジュールを発表した。次回、第52回モーダ・イタリア展と第62回シューズ・フロム・イタリー展は来年2月6日から8日の3日間、東京・渋谷のベルサール渋谷ガーデンで同時開催される。モーダ・イタリア展では2018/2019年秋冬コレクション、シューズ・フロム・イタリー展ではプレコレクションを発表する。

両展示会は、ミラノなどで開催される世界の主要国際見本市に先駆けて、アパレル、レザー、シューズなど、イタリアの最新ファッションを発表するもの。今年2月7日から9日、同会場で開催された第50回モーダ・イタリア展と第60回シューズ・フロム・イタリー展には、トスカーナ州、マルケ州、ロンバルディア州など、イタリア全土から156社が出展。レディースウエア(40社)、メンズウエア(14社)、ニットウエア(24社)、レザーウエア(15社)、ファー(19社)、バッグ&レザーグッズ(42社)、ファッション小物(28社)、レッグウエア/ボディウエア(1社)、婦人靴(35社)、紳士靴(11社)、子供靴(3社)などの2017/2018年秋冬コレクションとプレコレクションを紹介した(アイテムの社数は重複あり)。

写真は今日7月6日まで開催されている第51回モーダ・イタリア展と第61回シューズ・フロム・イタリー展から。画像をクリックすると拡大写真を見ることができます。

関連記事

第51回モーダ・イタリア(Moda Italia 51st)と第61回シューズ・フロム・イタリー(Shoes from Italy 61st)開幕

「パリやニューヨークよりもミラノがどれだけ優れているかをお目にかけたい」ファッション・ウィーク中にプロジェクト

イタリア・アモーレ・ミオ!2017が5月20日から21日六本木ヒルズで開催

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする