藤田ニコルさんや川澄奈穂美選手がプーマ(PUMA)ブランドの魅力を体感出来る「SS20 PUMA OPEN HOUSE」に登場

Pocket

プーマ ジャパンは1月10日、東京・南青山のPUMA HOUSE TOKYOでプーマ(PUMA)ブランドの魅力を体感出来るイベント「SS20 PUMA OPEN HOUSE(2020年春夏プーマオープンハウス)」を開催した。当日はスペシャルゲストとして、プーマブランドアンバサダーに就任した藤田ニコルさん、プーマ契約アスリートである女子フットボールの川澄奈穂美選手、フィギュアスケートの樋口新葉選手、水球日本代表の荒井陸選手が登場した。
Text & Photo:Shinichi Higuchi(樋口真一)

スポンサードリンク


昨年、マーケティングチームの体制を一新し、変化を続けているプーマ。先日は、契約アスリートやアンバサダーを起用して、プーマブランドが目指す新しい世界観を発信するキャンペーン「#破天荒」を発表した。

「PUMA OPEN HOUSE」は毎シーズン、プロダクトのお披露目として、定期的に開催していくもの。2019/2020年秋冬に続く2回目の開催となった今回。2020春夏コレクションのお披露目とともに、プーマが発信するファッションの魅力や楽しみ方の紹介、藤田さんや川澄選手などによるトークショーなどを行った。また、会場では未公開のキャンペーンムービーも特別に披露した。

2020春夏コレクションでは、1980年に発売されたファスト ライダー(FAST RIDER)の40周年を記念したアニバーサリーモデルとして、ファスト ライダーを現代の機能や素材、デザインで作ったフューチャー ライダー(FUTURE RIDER)とスタイル ライダー(STYLE RIDER)という2つのモデルを発売。フューチャー ライダーはファスト ライダーの細身で美しいシルエットを踏襲しながら、シーズンに応じたカラーパレットを採用し、ミッドソールにはモールデッドEVA樹脂を使い、スタビライザーを付けることで安定性も高めたもの。スタイル ライダーは、ファスト ライダーを二段階進化させたもので、ミッドソールにボリューム感のあるスニーカーに仕上がっている。フューチャー ライダー同様にミッドソールにはモールデッドEVA樹脂を搭載するとともに、アッパーを一周ぐるっと回るようにミッドソールをせり上げることによって、クッション性がありながら横ぶれを抑制するような機能性を兼ね備えている。

補強パーツを多用することなどで、昨年発売したカリ ウィメンズ(CALI WOMEN’S)を生まれ変わらせた、カリ スポーツ ミックス ウィメンズ(CALI SPORTS MIX WOMEN’S)や、かかと部分にパイソンの型押しをしたレザーを使うなどアジアンビューティをテーマにエキゾチックな雰囲気を出すとともに、より簡単にシューレースを締められるスピードシューレースシステムなどを採用したデバ(DEVA)なども紹介した。

また、スペシャルゲストとして、イベント第1部には藤田さん、川澄選手、荒井選手が、イベント第2部には樋口選手、川澄選手、荒井選手が、それぞれ登場。トークショーを行った。

「昔はソフトボールをやっていて、セカンドでした」という藤田さんは「私はアスリートではないので、ここに並ばせてもらってすごく光栄です。大丈夫かなという気持ちもありますが、うれしい。家にはプーマのいろいろな商品があるし、靴の棚も全面プーマで埋まっています。お店に行くときにはメンズのものをゲットすることが多いですね。メンズを着るとかわいいので、はまってます。メッシュの服やサコッシュとかもあるので夏のフェスでも着たい。アンバサダーとして、皆さんにかわいくて、おしゃれなコーディネートや服を提案して盛り上げられるようにがんばりたいと思っています。私が着ているワンピースのようなファッションのアイテムもたくさんあるので、それをプーマのファッションアイテムを伝える担当としてもがんばりたい」と笑顔。

好きな男性に着てほしい服を聞かれると「以前はシンプルな服が好きでしたが、彼のものを着たいタイプですし、最近はスケートボードをやっているので、スケボー男子のようなイエーというような服が好きです。ダボッとした格好を見ると目が行っちゃいます。借りたいなって。彼と共有出来るものがいいですね」などと話した。

また、川澄選手は「小学校でサッカーを始めてからプーマ一筋。カズさんやゴンさんにあこがれて、私もあんな選手になりたい、プーマのスパイクを履けばうまくなれると思って履いてきました。愛用しているものはたくさんありすぎて1つに決めるのは難しいですが、最近はサコッシュ。近所に行くのにちょうどいい。スパイクでは以前あったプレストが好きで穴が開くまで履いていたので、復刻してください」とアピールした。

「高橋大輔さんや荒川静香さんがプーマを着て公式練習やショーで滑っているを見ていました。私もプーマアスリートになって、公式練習などで着ていますが、他のブランドにはないような服や目立つ色の服がたくさんありますし、動きやすい」という樋口選手はペールトーンの上下で登場。「振付師さんがいつも着ていたので、ずっとかっこいいなと思っていました。最近は試合のときにリンクサイドで使うCDやタオルなどを入れるミニリュックを使っています。今日はペールトーンの服を褒めてもらえたので、これからも着てみようかな」とにっこり。

荒井選手は「子供の頃はサッカーをやっていて、プーマのスパイクやバッグを使っていたので、今契約アスリートとしてここにいるのが夢みたいです。ふだんは裸(水着)ですが、ウエイトトレーニングなどのときはプーマの服を着ています。最近いいなと思ったのはウエイトをするときのグローブ。まめも出来ないので女性にもお勧めです」などと話した。

関連記事
藤田ニコルさんがプーマジャパンの新しいブランドアンバサダーに就任

プーマジャパンが契約アスリートやアンバサダーを起用し、キャンペーン「#破天荒」をスタート

指原莉乃さん、川島海荷さん、miwaさん、藤田ニコルさんが第3回クリスマス ジュエリー プリンセス賞を受賞

スポンサーリンク
スポンサードリンク2




スポンサードリンク2




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク2