ケイタマルヤマ(KEITA MARUYAMA)2019年春夏コレクション。バカンスのイメージ

Pocket

ケイタマルヤマが東京・渋谷のRESTAURANT ASOで2019年春夏コレクションを発表した。新会社として初めてのコレクションとなった今回。ランウェー形式のファッションショーやモデルを使ったインスタレーション形式ではなく、これまでとは違う会場での展示会という形で2019年春夏コレクションを披露した。

スポンサードリンク


エレガントなムード、花や中国のモチーフなどを得意とする同ブランド。アラン・ドロン主演の映画「太陽がいっぱい」のようなバカンスのイメージを表現した今シーズン。イエローやブルーなどの色を使い、大地や海、花、ネイティブアメリカンなどからインスパイアされたコレクションを見せた。

また、今回、展示会に合わせて会場には「丸山邸メゾン・ド・マルヤマ」も出店。2018/2019年秋冬コレクションに加え、デザイナー丸山敬太がセレクトした陶器や小物なども販売した。

Text & Photo:Shinichi Higuchi(樋口真一)

スポンサーリンク
スポンサードリンク2




スポンサードリンク2




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク2