ユニクロがアレキサンダー ワンとのコラボレーションによるヒートテックコレクション「UNIQLO and ALEXANDER WANG」を今秋発表

Pocket

アレキサンダー ワン(ALEXANDER WANG)

ユニクロは今秋、米・ニューヨークを代表するファッションデザイナー、アレキサンダー ワン(ALEXANDER WANG)とのコラボレーションによるヒートテックコレクション「ユニクロ アンド アレキサンダー ワン(UNIQLO and ALEXANDER WANG)」を発表する。「ユニクロ アンド アレキサンダー ワン」はユニクロの機能性商品ヒートテックのデザイナー コラボレーションとして展開するもの。今秋から、全世界のユニクロ店舗およびオンラインストアで、メンズ・ウィメンズラインを販売する。

スポンサードリンク


2003年の発売以来、人々の冬の暮らしを変えてきたユニクロの機能性インナー「ヒートテック」。アレキサンダー ワンのデザイン性を取り入れたスペシャルコレクションとなる「ユニクロ アンド アレキサンダー ワン」では、シンプルさと強さを併せ持つアレキサンダー ワンならではのデザインが融合した、冬の暮らしをよりスタイリッシュに彩る新しいヒートテックを提案する。

アレキサンダー・ワンは「新しいジャンルへの展開に当たって、革新的であると同時に、ファンの皆さまがお求めやすい価格帯での服づくりを実現できるパートナーを捜していました。機能性と実用性の価値を共に認めてくれるユニクロはこのインナーウエアのコレクションにおいて、理想的なパートナーです。今回ヒートテック素材で新たなインナーウエアの開発という新しい試みに参加でき、ユニクロとの関係を更に押し進める、これ以上望めない展開にワクワクしています」とコメント。

また、ユニクロは「アレックスとは、ユニクロが以前展開していた『デザイナーズ・インビテーション・プロジェクト』で10年前に コラボレーションをしたことがありますが、そのときから私は彼の時代を読む力に感銘を受けていました。ユニクロの を代表するロングセラーのヒートテックに彼のデザイン性を取り込むことで、機能とファッションを融合したい。インナーウエアだけにとどまらない、新たなヒートテック コレクションをお楽しみください」(ファーストリテイリング グループ執行役員勝田幸宏ユニクロ統括責任者)としている。

関連記事

ユニクロが2019年春夏パリコレクション中にニット展覧会を開催

■アレキサンダー ワンプロフィール
2005年、サンフランシスコ出身の台湾系アメリカ人のデザイナー、 アレキサンダー・ワン氏によってニューヨークに創立。 21歳という若さでニットウエアから出発したブランドは、フルラインへと拡大し、2007年にニューヨーク・コレクションのランウェイデビューを果たす。その構築的で立体的な仕立て技術が高く評価され、数々の賞を受賞。2012年から3年間、バレンシアガのクリエイティブ ディレクターを努めた。ラグジュアリーで都会的ながらストリートな 遊び心が光る、ユニークで繊細なデザインによって、いま最も注目 される若手デザイナーの1人として、世界中に多くのファンを持つ。

スポンサーリンク
スポンサードリンク2




スポンサードリンク2




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク2