ギャルデ・コレクティブ(GARDÉ COLLECTIVE)2019年春夏コレクション。ギャルデ・コレクティブの創るDress Code

Pocket

真木喜久子さんがデザインするギャルデ・コレクティブ(GARDÉ COLLECTIVE)が2019年春夏コレクションを発表した。テーマはドレスコード(Dress Code)。

スポンサードリンク


さまざまなシチュエーションに合わせた服を着る「Dress Code」という言葉がある中で、ルールのある中の個性を大切にしたドレスコード、カジュアルなパーティやレストランでの食事、クルーズへの旅など、自分にとっての大切な時間や場面で、魅力的に輝けるようなコレクションを提案したという今シーズン。

立ち上がりに向けた、シャイニーでエスニックな雰囲気のニットジャガード、テープ使いやスパンコールで透明感のあるエスニックを表現したデザインなど、白を基調に、光沢感のある素材を使った「フューチャー・エスニック」から、透け感のある素材やレースのカットジャガードなどを使い、よりドレッシィでエレガントなムードを表現した「ニュー・エレガンス」、
ブルーの透ける素材のコートやジャケット、透け感のあるニットジャガードを展開する「トランスペアレント」、インパクトのあるフラワープリントや幾何学の迷彩プリント、ストライププリントと夜の軽い食事のシーンにも着られるカジュアルでエレガントな夏の装いを提案する「バケーション」まで、シーズンを4つに分けて提案している。

メーンカラーのホワイトやブラック、ネイビーや、アクセントカラーのライトグレー、ライトベージュ、ブルー、ターコイズ、ピンク、オレンジ、シルバーなど、様々なドレスコードに対応できるドレスを展開していることや、透ける素材が多いことが今シーズンの特徴だ。

また、スペイン・グラナダの世界遺産アルハンブラ宮殿の風景を撮影した作品をプリントに使った大門美奈さんとのコラボレーションもポイントになっている。

「クルーズへの旅やサークルの集まりが増える中で、ギャルデ・コレクティブなりのドレスコードを提案しました」と真木喜久子さん。

関連記事
ギャルデ・コレクティブ(GARDÉ COLLECTIVE)2018/2019年秋冬コレクション。2018年春夏に続きSHINYをテーマに

ギャルデ・コレクティブ(GARDÉ COLLECTIVE)2018年春夏コレクション展示会リポート。来年からオーダーもスタート

手作業による装飾を施した一点物のバッグブランドkayukaがお披露目となる展示会を開催

スポンサーリンク
スポンサードリンク2




スポンサードリンク2




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク2