2017毎日ファッション大賞を受賞したハイク(HYKE) の吉原秀明さんと大出由紀子さん

Pocket

「直前まで仕事をしていたので、このような華やかな場所に戸惑っていますが、今まで積み重ねてきたことが受賞につながったのだと思っています」と語る吉原秀明さん。ハイク(HYKE)の吉原秀明さんと大出由紀子さんが2017毎日ファッション大賞を受賞した。

1997年に代官山に古着屋をオープンしてから創業20年という節目の年。前身のグリーン時代からずっとノミネートされてきた2人。今回も新人賞・資生堂奨励賞と大賞に同時ノミネートされ、大賞を受賞した。

スポンサードリンク


2017/2018年秋冬コレクションではアマゾン ファッション ウィーク東京(Amazon Fashion Week TOKYO)でランウェイ形式のインスタレーションを開催。2018年春夏コレクションも前回と同じ形でコレクションを発表した。「オフィスを移転したのですが、オフィスの空間を見たときにおもしろいことができるのではないか、と感じました。これまでも映像作品を作っていたのですが、映像作品を作るときにスタッフが見ているようなライブ感やモデルが歩くときの様子、後ろ姿、布の揺らぎ、現場の雰囲気を見てもらった方が伝わるのではないかと考えました」

「次回もコレクションをするということは決めています。会場については、今はオフィスで開催することにおもしろみを感じています。以前(グリーン)の頃のように、たくさんの人に見てもらえるようにもっと広い会場でコレクションを発表することも考えてはいます。いい場所があればいいのですが」。

仕事もプライベートも独自の路線を守る同ブランド。今後の目標について聞いても、そのスタンスは変わらない。「海外進出も考えてはいますが、本格的にというよりも、プライベートを大切にしながら、いざそうなった時のためにいろいろなことをしているという感じです。ザ・ノース・フェイスとのコラボレーションをスタートしたので、そのプロジェクトを進めていきたい」。

関連記事

2017年(第35回)毎日ファッション大賞表彰式開催大賞はハイク(HYKE)。ユイマナカザトのオートクチュールコレクションのショーも

スポンサーリンク
スポンサードリンク2




スポンサードリンク2




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク2