女優の藤澤恵麻さんのウエディングドレスをエマ理永さんが製作

Pocket

デザイナーのエマ理永さんは、女優の藤澤恵麻さんが11月3日、都内のホテルで行われた結婚式で着用したオートクチュールドレスを製作した。

藤澤恵麻さんは、元non-no、MORE専属モデル。2003年NKK連続テレビ小説「天花」のヒロインに抜擢(ばってき)され女優デビューし、最近では「セシルのもくろみ」にも出演した。私生活では一般男性と結婚。結婚式ではエリ松居改めエマ理永による「エマリーエ(EMarie)」のオートクチュールドレスを着用した。

今回、エマ理永さんが手がけたウエディングドレスは、藤澤恵麻さんの清楚(せいそ)さ、可憐(かれん)さを表現したもの。ドレスの胸元に共素材で作られた、立体的なバラのコサージュとリボンを付け、バックスタイルも美しい「エマリーエ」らしいスペシャルなオートクチュールドレスに仕上げた。

エマ理永さんは「恵麻さんらしいラインを出すためにたくさんの魔法をかけ、妥協することなく2回の仮縫いを行い約1年をかけて製作しました」としている。

関連記事
デザイナー松居エリさんがエマ理永に改名

スポンサーリンク
スポンサードリンク2




スポンサードリンク2




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク2