第59回モーダ・イタリア展と第69回シューズ・フロム・イタリー展2022/2023秋冬コレクションが2月に開催

Pocket

写真は前回の第58回モーダ・イタリア展と第68回シューズ・フロム・イタリー展2022春夏コレクションから。Photo : Shinichi Higuchi(樋口真一)

第59回モーダ・イタリア展(Moda Italia 59th)と第69回シューズ・フロム・イタリー展(Shoes from Italy 69th)2022/2023秋冬コレクションが2月8日から2月10日の3日間、ベルサール渋谷ガーデンで開催される。

イタリア大使館貿易促進部が主催するモーダ・イタリア展とシューズ・フロム・イタリー展は、ミラノやパリなど世界の主要国際見本市に先駆けて、日本でイタリアの最新ファッションを発表するもの。両方の展示会を合わせて、アパレル67社、レザー59社、シューズ38社の計164社が出展(2021年12月21日現在)。 婦人・紳士の布帛(ふはく)ウェア、ニットウェア、レザーウェア、バッグ、小物、アクセサリー、紳士靴、婦人靴子供靴などの最新コレクションを紹介する。

会場内では最大限の新型コロナウィルス感染防止策を実施。今回もイタリア人出展者は来日せず、日本の代理店・インポーターをもたない企業は各社の出展ブースにサンプルを展示し、イタリア大使館貿易促進部が手配するプロモーターがコレクションの説明を行う。会場ではコレクションを実際に手に取って見るだけでなく、会場とイタリア現地のイタリア企業とオンラインで結び、通訳付きで商談することもできる。

また、感染防止のため、今回も海外・国内バイヤーズミッションとハッピーアワーは中止となったが、今回も日本のトップスタイリストが、出展社のアイテムをセレクトし、日本のマーケットにむけたコーディネイトを提案、会場内の撮影エリアでマネキンに着用し、カメラマンによるフォトシューティングは実施。イタリアファッションの最新トレンドとコーディネイトを来場したバイヤーやプレスにアピールするほか、撮影した写真をイタリア大使館貿易促進部の公式Instagramにアップする。

過去3回実施し好評だった、サスティナブルを象徴するグリーンを基調にしたスペシャル・インスタレーションも継続する。

イタリア大使館貿易促進部公式Instagram https://www.instagram.com/ita_tokyo/

よかったらシェアしてね!