デサントが全日本スキー連盟ナショナルチームSNOW JAPANの新オフィシャルユニフォーム発表

Pocket

エス アイ オー インシュレーテッドジャケット(S.I.O INSULATED JACKET)

デサントジャパンは「デサント」ブランドが提供する全日本スキー連盟ナショナルチーム“SNOW JAPAN”のオフィシャルユニフォームを発表した。スキー・アルペン競技、スノーボード・アルペン競技、教育本部デモンストレーターに提供する、2021-22シーズンのオフィシャルユニフォームを製作したもの。同社の研究開発拠点ディスク オオサカ(DISC OSAKA)のコンセプトである「世界一、速いウェアを創る」を商品開発のベースに、雪や雨、風、寒さなどの気象条件への対策はもちろん、各パーツの使い勝手や着心地など選手のストレスを軽減することにもこだわった高機能ウェアになっている。

今シーズン提供する代表的なアイテムのひとつである、エス アイ オー インシュレーテッドジャケット(S.I.O INSULATED JACKET)は、競技姿勢をとった状態で型紙を設計する独自の型紙技術「S.I.O」を採用。身体と袖が一体になった最小限のカッティングで脇などの摩擦が多い部分での縫い目を避け、動きが制限されにくい仕様になっている。また、衣服内の蒸れた空気を逃すために、サイドのベンチレーションを開けて空気を取り込み、背面の換気口からこもった空気を排出することで、速やかな換気をサポートするベンチレーションシステム「ブリーザブルシステム」を搭載した。

エス アイ オー フル ジップインシュレーテッド パンツ(S.I.O FULL ZIP INSULATED PANTS)

エス アイ オー フル ジップインシュレーテッド パンツ(S.I.O FULL ZIP INSULATED PANTS)は、「S.I.O」を採用するとともに、サイドジッパーでフルオープンにできるためブーツを履いたまま雪上でパンツを着脱し、簡単にサスペンダーを取り外すことが出来る。

ジーエス レーシング スーツ(GS RACING SUITS)絵型

ジーエス レーシング スーツ(GS RACING SUITS)は、素材には高速移動の際、皮膚表面を凹凸に変化させることで流体抵抗を軽減するイルカの皮膚表面をヒントに開発したドルフィンスキン」を採用。選手が着用したときに、身体の形に沿ってストライプ状の凹凸が現れることで空気抵抗を減らした。

エス アイ オーアイ トゥー シー インシュレーテッド ミッドレイヤー ジャケット(S.I.O x i2C INSULATED MIDLAYER JACKET)

エス アイ オーアイ トゥー シー インシュレーテッド ミッドレイヤー ジャケット
(S.I.O x i2C INSULATED MIDLAYER JACKET)は、運動性・保温性を追求した、ミッドレイヤー。「S.I.O」に加え、動体に合わせた生地の伸縮方向などを分析し、表地・裏地・中わたまでストレッチ材料を採用することで、さらなる運動性を実現。また、吸湿発熱性のある「ベンベルグTM」わたを封入して保温性を向上。さらに、わたを押さえながらも、衣服内の暖かい空気を逃しにくい特殊なキルティング手法「i2C」で、縫い目を減らすことによる運動性の向上に加え、コールドスポットを減らし、熱を外部に逃しにくい設計で快適性・保温性も追求している。

【サプライアイテム一覧】
●スキー・アルペン
S.I.O インシュレーテッドジャケット、S.I.O フルジップパンツ、ミッドレイヤージャケット、ジェットバリアベスト、ジェットバリアハーフパンツ、SL レーシングジャケット/パンツ、GS レーシングスーツ、DH レーシングスーツ、ポンチョ、ニットキャップ
●スノーボード・アルペン
S.I.O インシュレーテッドジャケット、S.I.O フルジップパンツ、ミッドレイヤージャケット、スノーボード・アルペンレーシングジャケット、アルペンレーシングパンツ、ポンチョ、ニットキャップ
●デモンストレーター
S.I.O インシュレーテッドジャケット、S.I.O パンツ、ミッドレイヤージャケット、ニットキャップ

注 同一アイテムでも競技ごとにワッペンやファスナー位置などデザインや仕様が若干異なる。

S.I.O インシュレーテッドジャケットのみ、レプリカモデルを 来年6月頃から発売する予定。

 

 

 

 

よかったらシェアしてね!