オリバーピープルズ(OLIVER PEOLES)の旗艦店が10月14日、丸の内にオープン

Pocket

ラグジュアリーアイウェアブランド「オリバーピープルズ(OLIVER PEOLES)」は10月14日、東京・丸の内に新たなフラッグシップとなる「オリバーピープルズ 東京(OLIVER PEOPLES TOKYO)」をオープンする。店舗面積60平方メートル。オープンを記念して、色やサイズの異なる10種類のフレームと、17種類のレンズオプションから、好きなフレームとレンズの組み合わせを選ぶことが出来るカスタムレンズプログラムも世界に先駆けて展開する。

オリバーピープルズはカリフォルニアで誕生したラグジュアリーアイウェアブランド。今回二重橋スクエアにオープンする路面店「オリバーピープルズ 東京」はモダンで革新的でありながらヴィンテージデザインを取り入れた、同ブランドのDNAを体現したスペースとなるもの。

内装は1970年代の宇宙開拓時代のインスピレーションとカリフォルニアの雰囲気を併せ持ったデザイン。ブティック全体の壁面には、個々に独立した球体型ディスプレイにアイウェアが美しく並ぶ特徴的なデザインを採用し、ひとつひとつのアイテムを効果的に陳列しながらも統一感のある、ギャラリーのような体験を提供する空間になっている。

中央に配された1本の木は、コンクリート、木目、メタルなどインダストリアルな素材を多用したこの同店に、柔らかい印象を与える自然の要素として象徴的に配され、デザインの根幹となる調和を表現。同ブランドのクリエイティブディレクターであるジャンピエロ・タリアフェッリがデザインした新しい什器に、ヴィンテージの要素を加えてブランドの世界観を表現している。

店内ではサングラスやオプティカルフレームともに幅広い商品を展開。最新のコレクションも取りそろえる。また、店舗限定アイテムとして、同ブランドオリジナルのアイウェアケアキットとレザーのアイウェアケースを販売する。

世界に先駆けて展開する、注目のカスタムレンズプログラムは、1000種類以上の組み合わせの中から選ぶことが出来るほか、ガラスレンズを使用しブランドのシグネチャーであるブレスロゴが採用されている。

さらに、イタリアのブランド「ブルネロ クチネリ」とのコラボレーションによるファーストコレクションも10月中旬から展開する予定だ。

ジャンピエロ・タリアテッリは「ヴィンテージのディテールに基づいたモダンなデザインという、オリバーピープルズのブランドそのものを体現するこのブティックは、クラシックでありながらも未来的な空間です。東京という街と同じように、伝統的な要素に深く根差した革新的なデザインがインスピレーションとなるような場所になりました」とコメント。

ルックスオティカジャパン マネージングディレクターのフランチェスコ・アルクーリは「ブランドにとって重要な事業拡大であり、高度な技術で精巧に作られたアイウェアと共に、卓越した知識とサービスを合わせたショッピング体験を提供する場所になります」としている。

関連記事
第33回日本メガネ ベスト ドレッサー賞は藤田ニコルさんや生見愛瑠さん、吉田羊さんなどが受賞

第30回日本メガネベストドレッサー賞表彰式に欅坂46、土屋太鳳さん、高橋一生さんらが登場

オリバーピープルズ 東京(OLIVER PEOPLES TOKYO)がオープン。プレビューには冨永愛さんらゲストも来場

オリバーピープルズ 東京(OLIVER PEOPLES TOKYO)
住所:東京都千代田区丸の内3-2-3 二重橋スクエア1F
電話番号:03-6206-3931
営業時間:11:00~20:00 無休(但し、1月1日と法定点検日は除く)
#oliverpeoplestokyo

お客様お問い合わせ先:ルックスオティカジャパン カスタマーサービス 0120-990-307

スポンサーリンク
スポンサードリンク2




スポンサードリンク2




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク2