森七菜さんや新木優子さん、戸田恵梨香さんらが「第32回 日本ジュエリーベストドレッサー賞」を授賞

Pocket

「第32回 日本ジュエリーベストドレッサー賞」の表彰式が1月14日、東京ビッグサイトで行われ、森七菜さんや新木優子さん、戸田恵梨香さん、横浜流星さんらが登場した。Text & Photo:Shinichi Higuchi(樋口真一)

第32回を迎えた今回。10代部門は女優の森七菜さん、20代部門は女優の新木優子さん、30代部門は女優の戸田恵梨香さん、40代部門は女優の小池栄子さん、50代部門は女優の斉藤由貴さん、60代以上部門は女優の田中美佐子さん、男性部門は俳優の横浜流星さんが、それぞれ受賞した。また、特別賞は元プロサッカー選手の内田篤人さんに贈られた。

日本ジュエリーベストドレッサー賞は、32年前、第1回国際宝飾展の開催と同時にスタートしたもの。毎年、「最も輝いていた人」「最もジュエリーが似合う人」「今後も更にジュエリーを身に付けてほしい人」を著名人の中から選び、世代別と男性部門に分け、表彰している。

森さんは「まだ19歳なので、初めてジュエリーを着けたのは昨年。誕生日にお母さんがくれた、馬の蹄(ひづめ)のようにUの形に宝石がちりばめられたジュエリーでした。それを見たときには心が躍り、私にはまだ(早い)、大人のものだ、という気がしましたが、輝いて見えました。そのジュエリーは今でも大事にしていて特別なときにだけ付けるようにしています。ジュエリーを付けると背筋が伸びるし、輝いて見えるものが目の前にもある、特別なものだという気がします。この賞をいただけたことを本当にうれしく思いますし、これからも胸を張ってジュエリーを付けられるように頑張りたいと思います」と喜びを語った。

スポンサーリンク
スポンサードリンク2




スポンサードリンク2




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク2