東京ファッションアワード「ジョア パスポート」内のオンラインショールーム「showroom.tokyo」にバイヤーなど約3000が訪問

Pocket

TFA

東京ファッションアワード(TOKYO FASHION AWARD)は7月25日から8月10日と8月18日から8月31日、オンラインプラットフォーム「ジョア(JOOR)」が提供する「ジョア パスポート(JOOR PASSPORT)」に同事業単独のオンラインショールーム「showroom.tokyo」を出展した。期間中には、様々な国のバイヤーなど約3000の訪問があった。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大に伴い、2021年春夏パリ・メンズ・ファッション・ウイーク(パリメンズコレクション)がデジタルプラットフォーム上で開催されることになったことを受け、期間中に現地で予定していた単独のショールーム「showroom.tokyo」の開設を中止。ジョア パスポートに「showroom.tokyo」のオンラインショールームを設置することで、受賞ブランドの2021年春夏のビジネスマッチングを支援した東京ファッションアワード。第6回受賞ブランドのリコール(Re:quaL≡)、ミーンズワイル(meanswhile)、ユウキ ハシモト(YUKI HASHIMOTO)、イン(IHNN)、シュープ(SHOOP)、フミエ タナカ(FUMIE TANAKA)と、第5回受賞ブランドであるアーネイ(ANEI)、ノブユキマツイ(Nobuyuki Matsui)、レインメーカー(RAINMAKER)、チノ(CINOH)、ポステレガント(POSTELEGANT)、ジエダ(JieDa)がジョア パスポート内のshowroom.tokyo 特設ページで2021年春夏コレクション(一部ブランドはアーカイブを紹介)を発表した。

参加ブランドからは「このような時期でも様々な人の目に触れたことが良かった」や「繋がりたいリテーラーとコネクトすることができた」、「オンラインでのやり取りのため、時間に限らずコミュニケーションを取れる点が良かった」などの声があった。また、「サンプルをじかに見てもらえないこともあり、新規店獲得や、ブランドの世界観や素材の雰囲気をどう伝えていくかは今後の課題」というブランドもあったという。

ジョアはファッションの世界で業界標準の卸売りプラットフォームとして、月次で$1.5B(約1600億円)のGMV(卸売金額)を扱い、8600を超えるブランドと144か国を超える20万以上の洗練された小売店を結び付けている。ジョア パスポートは世界最大規模のオンラインオーダーシステムを持つジョアが今年6月に新たにローンチした、オンラインプラットフォーム。ヴァーチャルショールームとオンラインでの展示会体験を融合することで、世界のどこにいてもブランドと小売店が発見、連携、売買ができ、自然に最大のグローバルファッションマーケットプライスを構築していくことができる。

東京ファッションアワードは、東京都と繊維ファッション産学協議会が主催しているもの。東京を拠点とするファッションデザイナーが、世界をフィールドに飛躍するためのサポートを目的としている。

ANEI

CINOH

FUMIE TANAKA

IHNN

JieDa

meanswhile

Nobuyuki Matsui

POSTELEGANT

RAINMAKER

RequaL

SHOOP

YUKI HASHIMOTO

スポンサーリンク
スポンサードリンク2




スポンサードリンク2




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク2