アシックスの「日本代表選手団オフィシャルスポーツウェア PR イベント」に土屋太鳳さんや吉田沙保里さんが登場

Pocket

東京 2020 オリンピック・パラリンピック日本代表選手団応援プロジェクト「日本代表選手団オフィシャルスポーツウェア PR イベント -チーム レッド キャンペーン キックオフイベント-
」が2月21日、東京ミッドタウン日比谷アトリウムで行われ、土屋太鳳さんや吉田沙保里さんoらが登場した。Text & Photo:Shinichi Higuchi(樋口真一)

スポンサードリンク


東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会のスポーツ用品カテゴリーのゴールドパートナーであるアシックスが東京オリンピック・パラリンピックを一層盛り上げていくために開催したもの。公式応援グッズであるレプリカモデルのTシャツやタオルには、選手と応援する人がワンチームになるという思いを込めて、東京オリンピック・パラリンピック日本代表選手団が実際に着用するTシャツやタオルと連続する通し番号「RED ID」が付いている。

イベントには、土屋さんや吉田さんのほか、クレー射撃・トラップの中山由起枝選手やパラ陸上競技の山本篤選手、シドニー2000パラリンピック車いすバスケットボール元日本代表キャプテンの根木慎志さんも出席した。また、会場内には、特設ブースを設け、発表されたばかりの「東京 2020 オリンピック・パラリンピック競技大会 日本代表選手団オフィシャルスポーツウェア」や「東京 2020 オリンピック日本代表選手団公式応援グッズ」と「東京 2020 パラリンピック日本代表選手団公式応援グッズ」を展示したほか、一般も参加できる抽選会も行われた。

抽選会のデモンストレーションで、オリンピック観戦チケットと、自分と吉田さんのサイン入りTシャツが当選。「大丈夫ですか」と驚いたものの、司会の女性から「あくまでもデモンストレーションですから」と切り返され、笑いを誘った土屋さん。オフィシャルスポーツウェアについて「サンライズレッドからパワーをもらっています。私は朝日を見るのが大好きで、パワーをもらっていますが、日本代表にふさわしいと思います。すごく軽くて、着心地がいいですし、プライベートでもかわいく着られそう」と笑顔。また、東京2020オリンピック・パラリンピックについては「すべての競技を見てみたいですが、私自身陸上競技をしていたので、自分と同じ25歳で、パラリンピック陸上競技の重本沙絵さんに注目しています」と話した。

回収したスポーツウェアから生み出したリサイクル繊維を活用し、東京オリンピック・パラリンピックで日本代表選手団が着用する公式スポーツウェアとシューズを作製する「アシックス リボーン ウェア プロジェクト(ASICS REBORN WEAR PROJECT)」に協力した吉田さんは「オフィシャルスポーツウェアには、私が着ていた練習着も入っているので、霊長類最強女子のパワーが詰め込まれています。悔いの残らないようにがんばってほしいと思っています」とエールを送った。

関連記事
アシックスが東京2020オリンピック・パラリンピック日本代表選手団オフィシャルスポーツウェアを発表

アシックスが東京オリンピック・パラリンピック日本代表選手団オフィシャルスポーツウェアのレプリカモデルと公式応援グッズを発売

スポンサーリンク
スポンサードリンク2




スポンサードリンク2




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク2