アシックスが国立競技場ASICS FIRST RUNを開催。桐生祥秀選手や土屋太鳳さん、渡辺直美さんなどが登場

Pocket

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の開閉会式が行われる国立競技場(オリンピックスタジアム)のトラックを初めて走るイベント「国立競技場アシックス ファースト ラン(ASICS FIRST RUN)」が12月21日、行われ、桐生祥秀選手や土屋太鳳さん、渡辺直美さんなどが登場した。Text & Photo:Shinichi Higuchi(樋口真一)

スポンサードリンク


東京2020オリンピック・パラリンピック ゴールドパートナーであるアシックスジャパンが開催したもの。東京オリンピック・パラリンピック日本代表選手団応援プロジェクトの第3弾となる今回。当日は桐生選手や井谷俊介選手、中村貴咲選手とともに、特別ゲストとして土屋さんや渡辺さん、隈研吾さん、室伏広治さん、田口亜希さん、野口みずきさん、フィッシャーズ(YouTuber)、吉田沙保里さんなどが参加。2020人の一般ランナーとアスリート、ゲストによる「2020名のメモリアル RUN」やゲストと一般ランナーによるチーム対抗リレー、「桐生選手 vs フィッシャーズ」(200メートルエキシビションマッチ)などが行われた。

土屋さんは「高速道路みたい。新記録が出そうな競技場だと思いました。東京オリンピックはすべて楽しみです。今は女優として表現する立場にいますし、小さい頃から陸上競技をしていたので、何か少しでも協力することが出来れば」と笑顔。

桐生選手は「今回走ったことで、(日本選手権や東京オリンピックなど)本番に向けたイメージが出来ました。嵐さんたちのおかげで今晩6万人の前でまた200メートルを走るので、どんな感じになるのかを僕も楽しみにしています」とした上で「まず、日本選手権で東京オリンピックの出場資格を獲って、オリンピックではすべて決勝に残り、メダルを獲得出来るようにがんばりたい」と意気込みを語った。

また、チーム対抗リレーで優勝したグリーンチームの第一走者を務めた吉田さんは「みんな本気で走ると聞いたので、本気で走りましたが、勢いが付きすぎてこけてしまいました。気持ちが身体について行かなかった」と語り、会場を沸かせた。

関連記事
アシックスが競泳水着2020年モデルを発表。流水抵抗の低減をはかりながら、身体の柔軟性が生かされるように配慮

オニツカタイガーが12月26日山下智久さんとのコラボレーションによるシューズ(ユニセックス)を発売

アシックスが建築家隈研吾さんとコラボレーションした初のランニングシューズ、メタライドアム(METARIDEAMU)を世界2020足限定で発売

スポンサーリンク
スポンサードリンク2




スポンサードリンク2




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク2