GU(ジーユー)2020年春夏は明るい色や軽い素材を使った、ライトなムードのコレクション。18歳から24歳の女性をターゲットにしたコレクションや小学校高学年から中学生をターゲットにしたコレクションも登場。

Pocket

GU(ジーユー)は、東京・原宿のオンライン特化型次世代店舗GU STYLE STUDIO HARAJUKUで「ジーユー2020年春夏コレクションプレスプレビュー(GU 2020 Spring & Summer COLLECTION PRESS PREVIEW)」を開催した。2020年春夏コレクションの店頭展開に先駆けて、プレスやインフルエンサー、関係者などに新作アイテムを紹介したもの。ウィメンズ、メンズとも新しい時代が始まる2020年に向けて、「明るく」「軽く」という人々のマインドを反映し、明るい色や軽い素材を使った、ライトなムードのコレクションを提案している。Text & Photo:Shinichi Higuchi(樋口真一)

「生活者」「生産者」「地球」の3つのコネクト宣言を発表。会場入り口には、3つのコネクト宣言とともに、消費者の声を取り入れたマシュマロパンプスのハイヒールやグリッタータイプ、工場と課題を共有することによって生まれたワンピース、環境への負荷を考慮したデニムやペットボトルを再利用したバッグなどを展示した今シーズン。

ウィメンズコレクションでは春の立ち上がりに向けた、軽い素材を使ったアウターやコクーンシルエットのボトムス、ウエストマークしたトップスなどを提案。ピスタチオカラーやシャツワンピース、セットアップに見える異素材のドッキングなどもポイントになっている。

夏物はシャツワンピースやTシャツワンピースとボトムスのレイヤードなど、ワンピースの様々なスタイリングやかぎ編みをアクセントにしたアイテムなどクラフトを取り入れたスタイリングなどを紹介。透け感のある素材を取り入れたスタイリングなど、働く女性などの購入も増えていることなども考慮したきれいめのアイテムや、大きめのジャケットとショートパンツのセットアップや異素材ミックスのセットアップなど、リネン混の軽い素材を使った夏のセットアップ、オールインワンなども今シーズンのトレンドになっている。

また、今シーズンは18歳から24歳の女性をメインターゲットにしたコレクション「ミックスマニア(MIXMANIA)」と、小学校高学年から中学生までのローティーンの女の子たちをメインターゲットにしたコレクション「アンドラブリー(AND LOVELY)」が新たに登場。「ミックスマニア」では、キングサイズトップスとミニボトムのコーディネートを、「アンドラブリー」では、キッズのアイテムだと子供っぽいし、ウィメンズのコレクションだと少し大人っぽいと感じてしまう女の子たちに向けて開発された、ピンクやパープルなどのカラーや、ロゴの入り方にもこだわったコレクションを提案している。

一方、メンズコレクションでは、スマートストリートやアイラブネイチャー、シンクデニム、アーバンユーティリティの4つをテーマに、あらゆる人にファッションを楽しんでもらえるように、テイストの幅を広げたコレクションを提案。シャツを羽織として使うシャツアウターや裾上げがいらないアンクルパンツ、ゆるめのシルエットで少しテーパードしたシェフパンツなどのアイテムを打ち出している

スポンサーリンク
スポンサードリンク2




スポンサードリンク2




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク2