アンティノミオ(ANTINOMYO)2020年春夏コレクション

Pocket

アンティノミオ(ANTINOMYO)は2020年春夏コレクションで、「ベーシック×ユニーク」をテーマに、様々な日常風景からインスピレーションを受け、それを傍観するという非日常行動から生まれるデザインを提案している。

スポンサードリンク


アンティノミオは、兵庫県出身、幼少期を中国で過ごし、大阪モード学園で服飾デザインとグラフィックデザインを学び、アパレルメーカーに勤務した後、独立した笠松志勇が2020年春夏からスタートする新ブランド。

デビューコレクションとなる2020年春夏は、ブランドのコンセプトである相反する要素として、ベーシックなアイテムに柄でユニークさをプラスしたデザインや、満員電車で捩れて変形した衣服から連想したアシンメトリーなシルエットとカット、ヘリンボーンをベースに、エスニック調のペイズリーを組み合わせ、春先をイメージした植物柄と融合したオリジナルの素材などが特徴。

また、ヘリンボーンをカジュアルに落とし込んだデニムや綿混素材、マリンをイメージさせるイカリモチーフとストライプを組み合わせたグラフィカルな柄はクラフト感ある生地に織りあげられ、さらりとした着心地と軽さを兼ね備えている。

スポンサーリンク
スポンサードリンク2




スポンサードリンク2




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク2