佐藤繊維フーガフーガ(FUGAFUGA)2019/2020年秋冬コレクション

Pocket

横編みを縦に使ったストライプのワンピース

佐藤繊維はフーガフーガ(FUGAFUGA)2019/2020年秋冬コレクションで「印象派」をテーマに、19世紀後半の印象派の絵画からインスピレーションを得たコレクションを提案している。

スポンサードリンク


19世紀後半、新しい表現を求めた若い芸術家たちが、これまでにないラフで鮮やかな色彩で、時代の風景や人々を切り取った「印象派」。自由な表現から生まれた絵画の色彩から刺激を受け、オリジナルのテキスタイルを制作した今シーズン。クリムトの絵画などを思わせる楕円(だえん)とドットを組み合わせたパイル編みのテキスタイルや、横編みを縦に使うことによってシャープさを強調した、大胆なストライプのワンピースなど、大きな柄組も増え、大胆な表現になっている。

フーガフーガは天然の素材にこだわり、エイジレス&サイズレスをコンセプトにしたブランド。ニットだけでなく布帛(ふはく)もオリジナルの生地をふんだんに使っていることや、日本古来から使われている伝統的な藍色や青、自然の中にあるベージュ、天然の黒なども特徴になっている。

スポンサーリンク
スポンサードリンク2




スポンサードリンク2




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク2