桂由美がユミカツラ(YUMI KATSURA)2019年春夏オートクチュールコレクションを発表

Pocket

ユミカツラ(YUMI KATSURA)2019年春夏オートクチュールコレクションのテーマは結びの美

桂由美がパリ・オートクチュールコレクション会期中の1月21日、ウエスティンホテル・パリで、ユミカツラ(YUMI KATSURA)2019年春夏オートクチュールコレクションを発表した。テーマは「結びの美」。

スポンサードリンク


桂由美ならではのジャポニズムを表現したドレス

2003年からパリ・オートクチュールコレクションに参加。2005年にはパリ・カンボン通りのシャネル本店前にパリ店をオープンした桂由美。2012年からは、日本の伝統工芸「友禅」をモチーフに、優雅な日本の美を現代ファッション にデザインしたコレクションやクリムトと光琳、ミュシャと広重など、西洋と日本の美術の対比をデザイン表現したコレクションなど、一貫して「友禅」と「日本の美」にこだわったデザインを提案している。

日仏友好160年を記念して、現在パリで開催中の「japonismes2018」(2019 年2月まで)の参加企画となった今回。シークインとしま模様タフタの菊柄刺繍が入ったドレスやしま模様のタフタに菊モチーフの刺しゅうがポイントのミニドレス、西陣織としま模様のタフタとのコンビネーションがポイントのドレスなど、日本の伝統衣装である「きもの」の素材や形、モチーフなどを題材にして、桂由美ならではの「ジャポニスム」を表現したコレクションを披露した。

桂由美は「一貫して日本の美、繊細で優雅、そして夢のある服飾美を創出することをモットーに、伝統と革新、西欧と日本、昔と現代、二極を融合させるデザインを様々な形で提案してきました。今回はストライプと植物(様々な花、樹木)の柄を刺しゅうや友禅で表現したものが新鮮に思ってもらえたようです」としている。

シークインと縞模様タフタの菊柄刺繍が入ったドレス

ビーズ飾りと手描き友禅の群鶴柄のがポイントのキモノドレス

フラワーディテールの桜柄シフォンとオーガンジーを重ねたラッフルドレス

ヤコブシュレーファー社の箔プリントに紗綾柄の帯を組み合わせたきものスタイルのドレス

華やかな桜柄を染め上げた浜ちりめんに亀甲柄の帯をコーディナートしたドレス

幾重にもチュールを重ねた浮世絵イメージのボリュームドレス

縞模様のタフタに菊モチーフの刺繍がポイントのミニドレス

西陣織と縞模様のタフタとのコンビネーションがポイントのドレス

西陣織の帯地を使ったドレープ使いのミニドレス

ウエスト位置に日本を代表する陶工・宮川香山イメージの鳥を施した菊柄ジャガードのドレス

きもの風にアレンジした菊柄ジャガードのトップと裾にレースのフリルを幾重にも施したドレス

グラスオーガンジーを重ねたネックとボリューミーなバタフライスリーブがポイントのミニドレス

グラスオーガンジーを重ねたネックと背中に大きなバタフライウイングがアクセントのミニドレス

グラスオーガンジーを重ねたフラワーディテールのドレス

グラスオーガンジーを重ねたボリュームドレスはフェリックス・ヴァロットン作品からインスピレーションを得た作品

チュールのドレープスリーブがアクセントになったモノトーンがシックな竹柄のスリムドレス

チュールのバタフライスリーブがポイントの竹柄ドレス

チュールを幾重にも重ねた浮世絵イメージのドレス

フェリックス・ヴァロットンイメージのプリント地で仕上げたきもの風ロングコートスタイル

フェリックス・ヴァロットン作品からインスパイアしたプリント地がシックなモノトーンのドレープドレス

フェリックス・ヴァロットン作品からインスピレーションを得たプリント地で作成したバタフライスリーブのドレス

葛飾北斎の「菊図」からインスピレーションを得たプリント地で製作したフラウンスのロングドレス

葛飾北斎の「桜に山吹」からインスピレーションを得たプリント地に西陣織をアレンジした作品

菊柄のシフォンと黒無垢風タフタを使用した着物ドレス

菊柄のジャガード地を駆使したボリュームドレスは前後のスカート丈が異なるユニークさが魅力

江戸琳派の創始的絵師・酒井包一作品からインスピレーションを得た手描き友禅のきものドレス

伝統的な西陣織の帯地のトップに白無垢風タフタをアシンメトリーにデザインしたミニドレス

約130年前の貴重な西陣織の図案をもとにした「OBI」ディテールがポイントのラッフルドレス

スポンサーリンク
スポンサードリンク2




スポンサードリンク2




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク2