GU(ジーユー)メンズ&ウィメンズ2019年春夏コレクション展示会。トレンドをプラスしたイージーウェア

Pocket

SUMMER1

GU(ジーユー)は、東京・原宿で2019年春夏コレクションの新作アイテムを紹介するプレス向け展示会「ジーユー2019年春夏コレクションプレスプレビュー(GU 2019 SPRING & SUMMER COLLECTION PRESS PREVIEW)」を開催、メンズとウィメンズの最新コレクションを紹介した。今シーズンはウィメンズコレクション、メンズコレクションとも、「イージー」をテーマに、GUならではのトレンドを取り入れたイージーウエアを提案している。アイロンをかける必要の無い機能的な素材やゆったりとしたエアリーなシルエット、はずしを意識したきっちりとしすぎないスタイルが今シーズンの特徴だ。ナチュラルなカラーときれいな色の組み合わせなどもポイントになっている。

Text & Photo:Shinichi Higuchi(樋口真一)

スポンサードリンク


GU(ジーユー)2019年春夏ウィメンズコレクション

SPRING COLLECTION

GUウィメンズ2019年春夏コレクションは、イージーをテーマにする中で、春物では、ジムに行く女性が増えていることや東京オリンピック・パラリンピックなどを意識し、スポーティな要素を取り入れたコレクションを提案。スウェットプルオーバーとスカート、レギンスにコートなど、スポーツとフェミニンを組み合わせたスタイリングを紹介した。色はエクリュ、セージグリーンなどがキーカラーになっている。

SUMMER1

夏物前半のSUMMER1では、2018年春夏コレクションのキートレンドだったナチュラルを進化させ、リネンやコットンと合繊の機能を兼ね備えたイージーケアな機能素材を提案。カラーもイエロー、オレンジ、ベージュ、カーキなど、ナチュラルカラーとヴィヴィッドカラーの組み合わせがポイント。

SUMMER2

夏本番のSUMMER2は、フェミニンとシンプリシティをキーワードに展開。1枚でさらっと着られるカフタンワンピースやティアードワンピースなど、ボリュームがありながら、リラックスした気分で楽に着ることができるスタイルになっている。

また、トレンドの90年代テイストやイエローなどを取り入れたオックスフォードシャツと、
エレファントという言葉を思い出させるセミフレアシルエットのジーンズやテーパードアンクルジーンズ、メッセージロゴをプラスしたデザインなど、デニムをトレンドのストリートスタイルをミックスさせたコレクションも提案。

サテンのパジャマワンピースやモコモコラウンジパーカーなど、好評のラウンジウェアや、
マシュマロパンプスなども続いている。

GU(ジーユー)2019年春夏メンズコレクション

SPRING COLLECTION

SPRING COLLECTION

一方、メンズも、春物(SPRING COLLECTION)では、アスレジャーとストリートのミックススタイルを表現した「アスリートレジャー」スタイルや、ジャケットや春物のアウターにトラウザーを合わせたコンフォートスタイル「スマートクロージング」 などを提案。リブラインブルゾンとスウェットパンツなど、90年代のヒップホップなどユースカルチャーからインスピレーションを得た、オーバーサイズシルエットにアスレジャーの要素をミックスし、リラックス感やスポーツ要素をプラスしたデザインや、防風生地を使ったステンカラーのコートとイージートラウザーのスタイリングなどを打ち出す。

SUMMER COLLECTION

SUMMER COLLECTION

夏物(SUMMER COLLECTION)では、70年代のレトロな雰囲気がポイントになっていて、オープンカラーのシャツとアンクルパンツの組み合わせや、70年代のユニフォームやミリタリー、ワークからのインスピレーションを都会的でクリーンなイメージに落とし込んだデザインを提案する。

キッズもティアードフレアロングスカートやコットンクルーネックTシャツのレイヤードなど、ウィメンズやメンズと同じようなデザインが登場している。

関連記事
ユニクロ(UNIQLO)Life WARE 2019年春夏コレクション展示会開催リポート。新しい時代の春夏も24時間ユニクロで

おすすめ記事
ソニーミュージック六本木ミュージアムがオープン。第一弾は「乃木坂 46 Artworks だいたいぜんぶ展」約250点の衣装も紹介

ウィメンズコレクション

メンズコレクション

スポンサーリンク
スポンサードリンク2




スポンサードリンク2




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク2