21_21 DESIGN SIGHTギャラリー3で開催中の「ヒロシマ・アピールズ展」が会期を一週間延長。9月9日まで開催。

Pocket

21_21 DESIGN SIGHTは、8月4日から21_21 DESIGN SIGHTギャラリー3で開催されている「ヒロシマ・アピールズ展」の会期を9月9日まで延長した、と発表した。当初9月2日までとしていたのを一週間延長したもの。入場料無料。

スポンサードリンク


原爆の記憶を絶やすことなく、平和を希求する想いを広く伝えようと、日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA)とヒロシマ平和創造基金、広島国際文化財団が行っている「ヒロシマ・アピールズ」。

日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA)と21_21 DESIGN SIGHTが主催する今回の展覧会では「ヒロシマ・アピールズ」の第1回となった亀倉雄策の「燃え落ちる蝶」から、今年度の服部一成「疑問符、2018」まで、これまで制作されたポスター全21作品を紹介。また、13歳のときに被爆し、平和への願いを込め72点のポスターを制作した広島出身のデザイナー、片岡 脩の作品も特別展示している。21_21 DESIGN SIGHTでは、「ヒロシマの記憶と未来への願いについて、多くの方々と考える機会となれば幸いです」としている。

なお、21_21 DESIGN SIGHT ギャラリー1&2では10月14日まで、「AUDIO ARCHITECTURE:音のアーキテクチャ展」が開催されている。

関連記事

21_21 DESIGN SIGHTギャラリー3でヒロシマ・アピールズ展が開催。内覧会には浅葉克己さんも登場。

21_21 DESIGN SIGHT企画展「AUDIO ARCHITECTURE:音のアーキテクチャ展」がスタート。プレスプレビューには小山田圭吾や中村勇吾も登場

「ヒロシマ・アピールズ展」

時間: 10:00~19:00
休館日: 火曜日
会場: 21_21 DESIGN SIGHTギャラリー3
東京都港区赤坂9-7-6東京ミッドタウンミッドタウン・ガーデン
電話: 03-3475-2121
入場料: 無料

スポンサーリンク
スポンサードリンク2




スポンサードリンク2




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク2