TALIKA(タリカ)プレス発表会が開催。「リポシルズ アイラッシュセラムEXⓇ70周年記念限定モデル」のデザインも発表

Pocket

フランス本国からアレクシス・ドウ・ブロス社長(左)も来日

フランスのコスメブランド「TALIKA(タリカ)」が東京・原宿でプレス発表会を開催した。1948年のブランド誕生から70年にわたり自然成分と最先端の技術を融合させた数々のアイテムを発信し、世界60か国で愛されてきた「TALIKA」。日本では2015年に再上陸し、まつ毛美容液「リポシルズ」などを中心に展開している。今回の発表会は、ブランド創設70周年を迎える今年、改めて日本にブランドを紹介するために行われたもの。フランス本国からアレクシス・ドウ・ブロス社長も来日。TALIKAの魅力をアピールした。

スポンサードリンク


また、TALIKA誕生70周年を記念して発売されるアニバーサリーアイテム「リポシルズ アイラッシュセラムEXⓇ70周年記念限定モデル」のデザインも発表した。

「リポシルズ アイラッシュセラムEXⓇ70周年記念限定モデル」のデザインも発表

タリカジャパン「スパを体験できる店舗を東京でも」

発表会で社長でクリエーターのブロス氏は「今年はTALIKAの日本本格進出の年であり、誕生70周年のアニバーサリーの年。アニバーサリーの年というのは、1度立ち止まって、どんな道を歩いてきたのか、なぜ今ここにいるのか、そして、どの方向に向かうのかを考える年だと思っている。TALIKAのやるべきことは、自然界のメッセージを理解して伝えること。自然界の躍動感や生命力を皆さんの細胞に届けることが我々のミッション。生命が一番美しく表現されているのは女性。どの年齢、どのステージにおいても女性を輝かせるというのがTALIKAの使命だ」などとあいさつ。また、キズを治すために作った薬から、まつげを伸ばすクリームを生み出したなど、タリカの歴史を振り返った上で、「これからも、化粧品業界の枠に閉じ込められず、製品を開発していきたい。TALIKAは発明をしているのではない。出会いや発見からインスピレーションを得て製品を作っている。謙虚な気持ち、我々は何も知らないんだ、知らないから自然から教えてもらおうという気持ちで、製品を作り、お客様の元に届けたい」」などと語った。女性の視線をテーマにした映画も紹介した。

タリカジャパンは今後の日本での展開について、「70周年を機に販路も広げていきたい。我々の夢はTALIKAというものを日本で具現化すること。そのためにパリで行っているスパのメニューを体験できる店舗を東京でも作りたい考え、活動している」としている。

美容液や美顔器などの体験コーナーも

今回発表された「リポシルズ アイラッシュセラムEXⓇ70周年記念限定モデル」は、好奇心に輝くパリジェンヌのまなざしをイ メージしたデザイン。価格は6,501円(税込み)。9月から12月までECサイト、QVC、9月12日から9月18日、銀座松屋でオープンするポップアップショップで販売される。

また、当日は、ブランド誕生のきっかけとなったまつ毛専用のジェル美容液「リポシルズアイラッシュセラムEXⓇ」や、ドリュー・バリモア(Drew Barrymore)やエマ・ストーン( Emma Stone)などの世界のセレブも愛用する目元集中ケア用パッチ「アイケアパッチ」、有効成分をフレッシュにアイゾーンに届けるマスク「アイデコンプレス」、NASAの研究による治療用周波数に着想を得た美顔ブースター「エナジーブースターⓇ」など、代表的な商品を実際に試すことができる体験コーナーやSNSの広場なども設置。商品から展示、ブランドをイメージしたケータリングまで、「TALIKA」の世界を紹介した。

Text & Photo:Shinichi Higuchi(樋口真一)

【問合せ】 タリカジャパン株式会社 電話:03-6869-8756
公式サイト : http://talika.co.jp

おすすめ記事

ボキューズ・ドール国際料理コンクール アジアパシフィック大会報告会に髙山シェフが出席。今秋ボキューズ・ドールメンバーによる食の祭典も開催

ロードゥ イッセイ(L’EAU D’ISSEY)25周年と新メンズフレグランス「ロー マジュール ドゥイッセイ(L’EAU MAJEURE D’ISSEY)」の発表会が開催。これまでの香水も展示

富士フイルムがアスタリフト イン-フォーカスローンチパーティ。「人類の新しい姿を作っていきたい」とユイマナカザト

スポンサーリンク
スポンサードリンク2




スポンサードリンク2




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク2