浮世絵世界で猫と遊ぶ江戸版猫カフェ「江戸ねこ茶屋」が6月15日から開催

Pocket

浮世絵世界で本物の猫と遊べる江戸版の猫カフェ「江戸ねこ茶屋(EDO CAT CAFE)」が6月15日から8月31日、東京・墨田区のJR両国駅西口イベント広場「両国駅広小路」で開催される。

スポンサードリンク


江戸にまつわる史跡が多く、「猫の恩返し(回向院の猫塚)」をはじめ猫とも縁の深い両国。「江戸ねこ茶屋」は「両国のとある江戸長屋の住民は全員が猫との噂。噂を聞きつけ全国から旅人が覗(のぞ)きにくる」コンセプトにしたイベント。長屋をモチーフにした建物の中は浮世絵の画像データと立体造形を組み合わせ、江戸の街並みと雰囲気を表現。そこに猫用の出入り口や通り道、階段などを配置し、まるで江戸で生活する猫たちを、眺めたり、一緒に遊んだり、写真を撮ることができるような体験を提供する。

建物の中には猫提灯が飾られ、「ねこ茶屋」を中心に、猫の劇団による見世物が行われている広場を再現した「ねこ広場」や、「ねこ遊郭」、「ねこ湯」、「ねこ長屋」などのゾーンを設け、それぞれのシーンに合った浮世絵を使って江戸世界を再現。会場では猫たちと遊んだり、猫と写真を撮ったりすることができる。「ねこ神社」ではおみくじを引くこともできる。

Tシャツ、クッション、巾着袋、ブックカバー、スマホケース、手ぬぐい、タオル、クリアファイル、畳コースター、シールなど猫に関連するオリジナルグッズなどを購入できるコーナーも設置される。

また、猫ブームの一方で、保護猫の数が多い問題への関心を高めるため、猫好きアーティストが作るオリジナル絵馬も販売。収益金の一部を保護猫活動の支援金として寄付する。

関連記事

浮世絵世界で本物の猫と遊べる江戸版の猫カフェ「江戸ねこ茶屋」がオープン

イベント名:特別企画「江戸ねこ茶屋」
開催日時 :2018年6月15日~2018年8月31日 11:00~20:00(最終入場19:00)
入場料(60分/税込み)
<当日チケット。カッコ内は前売りチケット料金>
大人         :1,500円(1,000円)
中学生・高校生    :1,200円(800円)
前売りチケット販売期間:2018年5月10日~2018年6月14日

<延長料金>
20分ごとに500円
(注1) 猫を抱っこする、大声を出す、猫を追いかけるなどの行為はご遠慮ください。
(注2) 猫アレルギーが心配な方は入場をご遠慮ください。
(注3) 小学生以下のお客様は御入場いただけません。
(注4) 写真撮影時のフラッシュは御遠慮ください。
(注5) 飲食の持ち込み、ペットの同伴は御遠慮ください。

■チケット購入方法
ローソンチケット: http://l-tike.com/edonekochaya
Lコード 33242

■チケットに関するお問い合わせ
ローソンチケット 0570-063-050(年中無休10:00~20:00)

スポンサーリンク
スポンサードリンク2




スポンサードリンク2




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク2