ソマルタ(SOMARTA)2018/2019年秋冬コレクション全ルック

Pocket

ソマルタ(SOMARTA)が2018/2019年秋冬コレクションを発表した。デザイナーは廣川玉枝。

スポンサードリンク


「セルグラフ(CELLGRAPH)- 幾何学が増幅する美しきミクロ」をテーマにした今シーズンのソマルタ。整然とうろこ状に並ぶ細胞のように、立体的な皮膚の表面に身体を包む、自然界の創造からインスピレーションを得て、身体をグラフィカルに表現した生命感溢(あふ)れるコレクションを提案している。

また、無縫製ニットのスキンシリーズでは、光と影の陰影で繊維を染め分け、ニットの編目が細胞のように幾何学表現された、軽く立体的なマテリアルのシリーズニットを展開している。ポリエステルとナイロン糸の染色時の収縮率に着目しテキスタイルを開発。収縮率が高い度詰めの編み地と、シャンブレー状の軽く開きのある編み地を段付きボーダー状に配することでエンボス効果ある立体感とゆらぎある生命観を表現した。

素材は、細かなグリッド状の細胞のように立体的なテクスチャーや、ひだ状の凹凸を糸の繊細な刺しゅうやジャガードを使っている。

関連記事
ソマルタ(SOMARTA)2018年春夏コレクション

ソマルタ(SOMARTA)2017/2018年秋冬コレクション。スタートから10年。ブランドを見つめ直す。

スポンサーリンク
スポンサードリンク2




スポンサードリンク2




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク2