45R(フォーティ ファイブ・アール)2018年春物コレクション展示会

Pocket

45R(フォーティ ファイブ・アール)は、2018年春物コレクションの展示会を開催した。

2017年秋からブランドロゴをリニューアル。さらに、2018年春夏パリコレクション会期中には、2003年にオープンしたパリ1号店を移転・オープンする45R。

2月から4月展開の商品を展示した今回。「ワーキング(働く)ウェア」をテーマに、陶器の白、デニムや藍染めの青、ベージュなど、ヨーロッパなどのヴィンテージのワーキングウェアに使われている、色や素材、仕様などを同ブランドの目線で再解釈しながら、着心地のいい服に深化させたコレクションを提案している。また、春の定番であるリネンを中心に、素材のバリエーションを絞ることで、よりまとまったフォーティ ファイブ・アールの世界観を表現した。

スポンサードリンク


「麻世妙(まよたえ)」や、パンジーやタンポポなどの植物からインスパイアされたアクセサリーなどもポイントになっている。

Photo:Shinichi Higuchi / Chief Editor(樋口真一)

画像をクリックすると拡大写真を見ることができます。

スポンサーリンク
スポンサードリンク2




スポンサードリンク2




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク2