ラグ&ボーン(RAG & BONE)2018年春夏コレクション

Pocket

ラグ&ボーン(RAG & BONE)が2018年春夏コレクションを発表した。ニューヨーク・ファッション・ウィーク(NYFW)のオフィシャルカレンダーに掲載される、従来のファッションショーの形式から離れ、2018年春夏コレクションを発表することを決定したラグ & ボーン。

CEOでありクリエイティブ・ディレクターのマーカス・ウェインラインは、「私は(私だけではない気がしているが)伝統的なファッションシステムが今日の時代に与える効果について疑問を持っていた。特に今のラグ & ボーンにとってキャットウォークや大きなイベントを行うことが、ブランドの今の立ち位置とずれてきている気がした。私はニューヨーク・ファッション・ウィークの信者であり、とても感謝している。ただ今の我々にとってニューヨーク・ファッション・ウィークに参加することよりも、意味があり効果的な方法でコレクションを発表したいと思った」とコメント。2018年春夏コレクションは、ショーの代わりにショールームにパートナーやプレスを招待し個別のアポイントを通して発表する。

スポンサードリンク


また、同時に、新プロジェクト「(フォトプロジェクト(Photo Project)」も発表した。「フォトプロジェクト」とは様々な分野で活躍するラグ & ボーンの仲間を題材としたポートレートシリーズ。被写体にセルフポートレートを1番リラックスした状態で撮影してもらい、それぞれが持つ個性が映し出された作品が生まれた。

更に、このプロジェクトをチャリティプロジェクトとし、参加者の指定した慈善団体に寄附金が送られる。キャロリン・マーフィー、メラニー・ワード、タリ・レノックス、ジョージア・ファウラー、メイ・ムスク、ボビー・カナヴェイル、ジェームズ・ゴールドクラウン、ウォルトン・フォードらがこのプロジェクトに賛同。ループス財団,アースジャスティス、オープンドア ファウンデーションはじめとする20以上の非営利団体と、ハリケーンの義援金に寄附金が送られる。

マーカス・ウェインライトは「昨シーズンは個性に焦点を当て、ブランドの友人たちに自身で服を選んでもらいポートレートを撮影した。そこから今シーズンは更に掘り下げ、自分の視点から見た自分らしさを表現した。個性を表現することが今の私たちのブランドだけでなく、世界各地で社会的、政治的に起こっている状況に関連するトピックだと思う」としている。

画像をクリックすると拡大写真を見ることができます。

スポンサーリンク
スポンサードリンク2




スポンサードリンク2




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク2