エトセンス(ETHOSENS)2017/2018年秋冬コレクション

Pocket

橋本唯(Yui Hashimoto)がデザインするエトセンス(ETHOSENS)2017/2018年秋冬コレクション。「LAG is fine」をテーマに、タイム・ラグから生まれる残像を源としたレイヤー、フォルムのズレ、形式的伝統として継承されるテーラードをモチーフに、時の経過による認識のズレを表現している。

「世の中の物事が消費されていく時間の流れに対して違和感を抱いている」と記した今回。素材感のコントラスト(ズレ)、エアリーな素材で表現する動き(残像)、アシンメトリーなディテールのズレ、残像から得たレイヤー。それらをワントーンでのスタイリングによってストレートに表現。嫌でも入ってくるトレンド情報から意識的に目を背け、自分自身の内部から沸き上がる気分に注視し、コレクションでも自分のアイデンティティーを掘り下げた。

また、ショーでは、SNSによる平面的な伝わり方を意識したデザインやクリエーションが溢(あふ)れている中で、素材感、生地の動き、ディテール、デザイナー自身で手がけているカッティング、といった立体的な要素と考えを間近で感じることのできるランウェイで表現した。さらに、日本人(アジア人)モデルについては、トレンドとなっているストリートハント的素人ではなく、プロとして世界でも通用する日本人にもこだわって選んだという。

画像をクリックすると拡大写真を見ることができます。

スポンサーリンク
スポンサードリンク2




スポンサードリンク2




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク2