ディウカ(divka)2017/2018年秋冬コレクション

Pocket

田中崇順と松本志行によるディウカ(divka)。ディウカ2017/2018年秋冬コレクションは「Colour in」をテーマに、前回2017年春夏のテーマを引き継ぎ、それを更に発展させようとしたコレクションを提案している。

ディウカの服作りをより開かれたものにするため、前回のコレクションで試みた、これまで用いることのなかった服作りの選択肢を意識的に取り入れることなどを続けていることが今シーズンの特徴だ。その一方で、袖を通すという行為がドラマティックな体験となるような服など、力強いデザインは続けながら、動きやすさも更に追求するなど、デザインと機能との関係について考えるということを、これまで以上に重視していることもポイントになっている。

また、今シーズンからは男性のためにデザインしたコートやジャケット、パンツ、シャツ、カットソーを提案するなど、メンズコレクションの本格展開をスタートする。更に、シンコーの「ピアッカセッテ(ph 7+)」とのコラボレーションによるシューズや、プロダクトデザイナーで、エルメスのバッグのデザインなども手がけたことがあるデザイナーが作るサンフランシスコのレザーブランド「Eternal Luxe」と共同したレザーバッグ、ウォレットなども発表している。

関連記事
日本アパレル・ファッション産業協会(JAFIC)が定時社員総会懇親パーティーを開催

画像をクリックすると拡大写真を見ることができます。

画像をクリックすると拡大写真を見ることができます。

スポンサーリンク
スポンサードリンク




スポンサードリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク