サカイ マン(sacai man)2018年春夏コレクション 展示会

Pocket

サカイ マン2018年春夏コレクション(sacai man 2018 Spring & Summer Collection)展示会が、都内のサカイプレスルームで開催された。

「クリエーターの意図と、受け取る側(がわ)のバランスを探る。慣れ親しんだ洋服のルールを踏まえつつ、その文脈を変えながら、受け手にそれぞれの物語を書くことを促し、自分自身とのつながりや意味を見いだす自由を与えている」という今シーズンのサカイ マン。

ウィメンズのサカイ2018年春夏プレコレクション(sacai Pre Spring Collection)同様に、ミニマル・ポスト・ミニマル・コンセプチュアル・アートの創始者、ローレンス・ワイナー(Lawrence Weiner)の、ある人にとっては意味をなし、またある人にとっては抽象的な単語の組み合わせとなる「タイポグラフィー・アートワーク」を取り入れている。

スポンサードリンク


シングルブレストスーツは、3層通気性のテクニカル素材の機能を持つ、新しい解釈のスーツ。3D構造のデザインは、はっ水性があるなど、より機能的になっていて、スーツの他、ハットやキャップも提案している。スリーピーススーツはウェスタンフリンジをプラス、MA-1スーツはリフレクターストライプが特徴になっている。

また、今シーズンはハンティングベストもポイント。スーツと組み合わせ普段使いするスタイリングなど、スーツの枠組みを超えて、新たなプロポーションと機能性をもって再構成された。

ミリタリーテーストのバッグや、エンダースキーマ(Hender Scheme)とのコラボレーションによる2つのカウボーイブーツアーキタイプをハイブリッドしたシューズも目を引いた。

関連記事
サカイ(sacai)2018年春夏プレコレクション展示会

画像をクリックすると拡大写真を見ることができます。

スポンサーリンク
スポンサードリンク2




スポンサードリンク2




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク2