ニューバランス「FRESH → HOME CAMPAIGN & 新商品」発表会にフワちゃんが登場

Pocket

ニューバランス「フレッシュ→ホーム キャンペーン(FRESH → HOME CAMPAIGN) & 新商品」発表会が8月10日、スーパースポーツゼビオ 東京御茶ノ水本店で行われ、フワちゃんがゲストとして登場した。ニューバランスのランニングシューズ「フレッシュホーム(FRESH HOME)」シリーズの新商品の発売を記念したもの。ニューバランスがランナーに向けて提案するキャンペーンと新商品を紹介した。text & Photo : Shinichi Higuchi(樋口真一)

ニューバランスが、誰もが気楽に、スムーズに走れることを目指して開発した「フレッシュホーム」。癖がなく、ソフトでナチュラルな走り心地を提供するミッドソール、ニューバランス本社のあるボストンのラボのデータ解析から生まれたフレッシュホームを搭載したランニングシューズは、抜群のクッション性と軽さ、安定性が特徴。特に究極のクッション性を追求したトップモデル「フレッシュホーム1080」は、フルマラソンから初心者のトレーニング、ウォーキング、日常のシーンにまで対応している。

産地直送「フレッシュ→ホーム キャンペーン」は、「フレッシュホーム」で走ることを楽しんでほしいという思いから企画されたキャンペーン。走った距離に応じて北海道から沖縄まで全国13の産地からフレッシュな産直品が当たる「走って応募」と、「フレッシュホーム」の新商品を購入すると応募できる「買って応募」の2つを行う。イベント自粛や移動制限などで、走ることに対するモチベーションが下がっているランナーと厳しい状況にある全国各地の生産者を応援するために企画された。

フワちゃんは、「派手だけどおなかを隠して街になじむ衣装」と「フレッシュホーム1080」の限定カラーで登場。「超軽くて、飛んだり跳ねたりしても何も感じない(くらいクッション性がある)。ランニングはめちゃくちゃ好き。陸上部で、高校生の頃は校庭やトラックを走っていたから、クッション性とか考えず、軽くて速く走れる靴を選んでいたけど、最近はアスファルトとかの上を走るから、ちゃんとクッション性があって、足を守ってくれる靴で走ってる。だからフレッシュホームはぴったりの靴」と笑顔。「キャンペーンは、みんなも走って、楽しくて、生産者もすごくうれしくて、最高の企画。国に提出したい」などと話した。鳥取県倉吉市の鳥取和牛の生産者など、農家からの中継も行われた。

また、ランニングやランニングを続けるコツについては「週2、3回は走っているかな。今は難しいけど、友達とワイナイナというランニンググループを作っていて、すごく楽しいし、モチベーションにもなる。GPSで、何キロ走ったかやペースが記録されるアプリもモチベーションになっている。走ると持久力がつくし、体の線も引き締められる。いいことだらけ」。

さらに、「産地直送キャンペーンで行ってみたいのは青森県西津軽郡深浦町。番組のロケで行ったけどコロナ禍でお店とかに行けなかったから。状況がよくなったら青森を堪能して、サーモンを食べたい。サーモンが1番好き。高いおすし屋さんもサーモンを置いてください」。夏休みの予定については「アンミカさんのひまわりパーティーぐらいかな。状況によるけど、9月になったら原付きツーリングとかもやりたいな」などと話した。

スポンサーリンク
スポンサードリンク2




スポンサードリンク2




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク2