アシックスが走法に応じて設計したランニングシューズ「メタスピード(METASPEED)」シリーズを発売

Pocket

アシックスはストライド型、ピッチ型の走法に応じて、それぞれ設計したトップアスリート向けランニングシューズ「メタスピード(METASPEED)」シリーズを発売する。3月31日からアシックスオンラインストアで先行発売をスタート。4月9日から一部アシックス直営店、全国スポーツ用品店でも順次発売する。

ストライド型のランナーに対応した「メタスピードスカイ(METASPEEDSky)」とピッチ型のランナーに対応した「メタスピードエッジ(METASPEEDEdge)」の2種類を展開。価格は2万5000円(税込み)。

「メタスピード」シリーズは長距離走におけるそれぞれの走法の違いに着目し、パフォーマンスが向上できるように設計したもの。「メタスピードスカイ」「メタスピードエッジ」とも、同社の軽量フォーム材の中でも最も優れた反発性を発揮する「エフエフブラストターボ」をミッドソール全面に採用。また、軽量のカーボンプレートをミッドソール内部に搭載し、更に靴底前部にカーブをつけているが、ストライド型、ピッチ型に応じて、「エフエフブラストターボ」の厚みやカーブの角度などを調整。「メタスピードスカイ」は一歩一歩の歩幅を伸ばし、「メタスピードエッジ」は歩幅を伸ばしながらピッチも上げやすいようにしている。

アシックススポーツ研究所の予備実験では、同社の従来のトップアスリート向けランニングシューズとの比較でどちらもフルマラソンでゴールするために必要な歩数の1.2パーセント以上少ない歩数でゴールできると推定されたという。

METASPEED Sky

「メタスピードスカイ」は、ストライド型のランナーがストライドを伸ばし、少ない歩数でゴールできることを追求した構造設計を採用。「エフエフブラストターボ」を厚めにし、かかと部から前部にかけて5ミリの傾斜差を付けることで反発性を高めた。

METASPEED Edge

一方、「メタスピードエッジ」はピッチ型のランナーがピッチを調節しながらストライドを伸ばし、少ない歩数でゴールできることを追求。「メタスピードスカイ」より「エフエフブラストターボ」の厚みを抑え、かかと部から前部にかけて8ミリの傾斜差をつけることで反発性を高めながら、ピッチをコントロールしやすくしている。

アシックスの廣田康人社長COOは「メタスピードシリーズは研究開発からマーケティングまで、組織を横断した特別なプロジェクトチームを結成し、こん身の力を注(そそ)いで作り上げたもの。アシックスの精神と最先端の技術がつまっている」コメントしている。

スポンサーリンク
スポンサードリンク2




スポンサードリンク2




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク2