森七菜さんや新木優子さん、戸田恵梨香さんらが「第32回 日本ジュエリーベストドレッサー賞」を授賞

Pocket

(C)zoomupcollection

「第32回 日本ジュエリーベストドレッサー賞」の表彰式が1月14日、東京ビッグサイトで行われ、森七菜さんや新木優子さん、戸田恵梨香さん、横浜流星さんらが登場した。Text & Photo:Shinichi Higuchi(樋口真一)

第32回を迎えた今回。10代部門は女優の森七菜さん、20代部門は女優の新木優子さん、30代部門は女優の戸田恵梨香さん、40代部門は女優の小池栄子さん、50代部門は女優の斉藤由貴さん、60代以上部門は女優の田中美佐子さん、男性部門は俳優の横浜流星さんが、それぞれ受賞した。また、特別賞は元プロサッカー選手の内田篤人さんに贈られた。

日本ジュエリーベストドレッサー賞は、32年前、第1回国際宝飾展の開催と同時にスタートしたもの。毎年、「最も輝いていた人」「最もジュエリーが似合う人」「今後も更にジュエリーを身に付けてほしい人」を著名人の中から選び、世代別と男性部門に分け、表彰している。

10代部門森七菜さん
「まだ19歳なので、初めてジュエリーを着けたのは昨年。誕生日にお母さんがくれた、馬の蹄(ひづめ)のようにUの形に宝石がちりばめられたジュエリーでした。それを見たときには心が躍り、私にはまだ(早い)、大人のものだ、という気がしましたが、輝いて見えました。そのジュエリーは今でも大事にしていて特別なときにだけ付けるようにしています。ジュエリーを付けると背筋が伸びるし、輝いて見えるものが目の前にもある、特別なものだという気がします。この賞をいただけたことを本当にうれしく思いますし、これからも胸を張ってジュエリーを付けられるように頑張りたいと思います」

20代部門新木優子さん
「小さいころからキラキラしたものを見るのが好きで、母も私がおなかの中にいるときにはなぜかジュエリーの広告を見たくなったといいます。二十歳のときに自分への御褒美として買ったジュエリーは今でも大切にしていて、それを見ると初心を思い出しますし、宝物のような存在になっています」

30代部門戸田恵梨香さん
「初めてジュエリーを身に着けたのは二十歳のとき。両親が二十歳の記念にパールのネックレスをプレゼントしてくれました。両親が守ってくれるお守(も)りのような存在で、大事なときに身に着けるようにしています」

40代部門小池栄子さん
「それほどたくさん持っているわけではありませんが、自分のお給料で初めて買ったジュエリーや、祖母や母から譲り受けたジュエリー、愛する人からもらったジュエリーなど、一つ一つのジュエリーにすごく思い出があります。コロナ禍の中でどうしても気持ちがふさぎ込みがちになりますが、ジュエリーを眺めていると、未来への一筋の光、希望のようなものを感じます」

50代部門斉藤由貴さん
「正直に言うと、こんな賞を頂いていいのかという気持ちもありますが、女優という仕事がすごく好きで、ずっとやってきたことが評価されたのはとても有り難いです。ちょっとしょんぼりしたときやきれいなものを見たくなったときに宝石箱を開けて眺めたりすると、幸せな気持ちで眠りに付けます。ジュエリーにはいろいろな力がありますね」

60代以上部門田中美佐子さん
「『もらったよ』と言われたときは『えっ』という感じで。ジュエリーとは無縁で、1番遠いイメージの女優だと思っていました。本当はジュエリーがすごく好きなのですが、ドラマの中でも身に着けるチャンスもなく、大きな作品が終わった後にちょっといいジュエリーを買ってひそかに集めて、ママ友とお出かけするときに付けて楽しんでいました。コロナでランチなどにも出かけられなくなって、家でこれをつける日が来るのかなと思っていますが、賞をいただけましたから、これからはジュエリー好きの女優として頑張りたいと思います」

男性部門横浜流星さん
「こんばんは。女優の横浜流星です(笑い)。とても驚いています。ジュエリーの似合う男になっていければと思いますし、ジュエリーのように輝けるように日々精進していきたいと思っています」

特別賞内田篤人さん
「僕のサッカー人生は芝生と土、血と汗にまみれたものでしたから、このような賞をいただけたのもその御褒美のようなものだと思っています。これからはスパイクやユニフォームを着ることはなくなりますが、ジュエリーの似合う男性になれるように一生懸命がんばります」

スポンサーリンク
スポンサードリンク2




スポンサードリンク2




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク2