デサントが8月、頬にあるAVA血管を冷やし、体の深部体温の上昇を抑制する適温クーリングフェイスガードを数量限定発売

Pocket

デサントジャパンは「デサント」ブランドで、口や鼻を覆い、12℃で頬(ほほ)を冷やす「デサント 適温クーリングフェイスガード」を8月初旬、同社のオンラインストア『デサントストア』と「デサント」ブランド直営店、およびシャープオンラインストア『ココロストア(COCORO STORE)』で、数量限定(計2000点)販売する。色はブラックとブルーの2色を展開。価格は4400円(税込み)。

「適温クーリングフェイスガード」は、新型コロナウィルスの影響で気温が高くなっても外出時のマスクなどの着用が必要となっている状況に対応したもの。同社では手のひら・足の裏・

頬などにあるAVA血管を適温の12℃で冷やすことで、体の深部体温の上昇を抑制する方法に注目。頬のAVA血管をクーリングすることをポイントに、口や鼻を覆いながらクーリングできるフェイスガードを、シャープ、ウィンゲートと開発した。

6月に発売した、手に装着し、手のひらのAVA血管を適温で冷やす「CORE(コア) COOLER(クーラー)」の技術を応用。シャープが独自に開発した冷たすぎず適温を保つ「テキオン(TEKION)」蓄冷材を内側のポケットに入れて使用する。

セットする蓄冷材が、頬のくぼみにフィットするため、身体を動かしていても蓄冷材がズレにくく、クーリング効果を感じられ、口元を覆うことで周囲への飛沫(ひまつ)抑制エチケットにもなる、という。

同社では、屋外でのジョギングやウォーキングなどを楽しむときや、スポーツの大会などで競技を補助するスタッフ、身体を動かしながら作業する人など、手で何かを持つ機会が多い人にも、飛沫エチケットに気を配りながら、頬をクーリングするという新たな発想で涼しさを届けたい考えだ。

関連記事
デサント「アリーナ」と瀬戸大也選手がオンライン水泳大会「DAIYA SETO SMILE CUP」を開催。ジュニアスイマーを応援

デサント「アリーナ」の最新水着「アルティメット・アクアフォース X」発表会に瀬戸大也が登場

スポンサーリンク
スポンサードリンク2




スポンサードリンク2




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク2