グラウンド ワイ(Ground Y)2020年秋冬コレクションのテーマは反骨。キービジュアルモデルは深川麻衣と神尾楓珠

Pocket

深川麻衣さんと神尾楓珠さん

グラウンド ワイ(Ground Y)は7月22日から、グラウンド ワイ直営店舗と正規取扱店で2020年秋冬コレクションの販売を開始する。テーマはREBELLIOUS(反骨)。

グラウンド ワイは、ヨウジヤマモト社のフィルターを通し、コンセプトにシンクロする多面的な要素を取り入れながら、ジェンダーレス、エイジレスなスタイルでファッションの新たな可能性を提案するブランド。

今シーズンは、西洋の美へのアンチテーゼを掲げ、柄・シルエット・風合いにこだわったコレクションを展開。カミーユ・ピサロ、フィンセント・ファン・ゴッホ、エドガー・ドガ、オディロン・ルドンの4人が描いた絵画に、反骨のカラーリングをプラスすることでカモフラージュされて生まれたオリジナル柄を、流れ落ちるシルクベルベットやレーヨンローンなどのテキスタイルで表現している。

また、ヨウジヤマモト社の DNAの一端を担う「黒」に対する反骨として、様々な色柄を取り入れたアイテムを数多く展開。テーラードジャケットの最大の特徴である構築的なショルダー部分を崩したケープ型のジャケット、マジックテープで着脱可能なバッグが融合したシャツやジャケット、パンツなど、新たなアイテムバリエーションも提案する。

さらに、キービジュアルモデルには、昨年は朝ドラにも出演しドラマや映画で活躍中の女優の深川麻衣さんと、ドラマや映画などで注目の俳優神尾楓珠さんを起用した。

スポンサーリンク
スポンサードリンク2




スポンサードリンク2




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク2