まとふ(matohu)が1月8日からスパイラルガーデンで「matohu 日本の眼展」を開催

Pocket

まとふ(matohu)は1月8日から1月22日、東京・青山のスパイラルホール1階スパイラルガーデンで「matohu 日本の眼展」を開催する。入場無料。

スポンサードリンク


「日本の眼展」というタイトルで、8年間17章のコレクションを発表してきた、まとふ。今回の展覧会は、その集大成となるもの。様々な日本の美意識を「日本庭園」に見立てたアートインスタレーションと、それを具現化した服を組み合わせて展示する。

また、今回の展覧会では、稀少(きしょう)な長着のアーカイブコレクションや復刻した長着、書籍「日本(にっぽん)の眼」和とじ本(250部)を限定販売。HIGASHIYAとのコラボレーション和菓子や、matohuコレクション音楽アルバム「matohu oto」by 堀中正人(CDおよびダウンロード配信)、オリジナルテキスタイルによる「日本の眼」ミニトートバッグ&おざぶコレクションも発売する。

そのほか、関連プログラムとして、1月11日の14:00からトークイベント「日本の眼とは何か?」を、1月12日と13日の14:00からデザイナーによるギャラリー・ツアーを、それぞれ開催。また、1月18日15:00から、まとふのショー音楽を作ってきた、作曲家畑中正人さんのライブコンサート「matohu oto」を、1月19日13:00、14:30、16:00から、デザイナーがお茶を点て、HIGASHIYAの和菓子職人がその場で作った和菓子をいただく立礼茶会「matohu長着茶会」(各回12人、用申し込み・先着順、参加費4000円)も開催する。

さらに、まとふ表参道本店では「日本の眼」アーカイブ・フェアを同時開催。長着以外のコレクションアイテムを見ることが出来る。

問い合わせはまとふ表参道本店
東京都渋谷区神宮前5-9-25
電話03-6805-1597
メールmatohu@lewsten.com

スポンサーリンク
スポンサードリンク2




スポンサードリンク2




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク2