第56回モーダ・イタリア展(Moda Italia 56th)と第66回シューズ・フロム・イタリー展(Shoes from Italy 66th)の概要が発表

Pocket

イタリア大使館貿易促進部は2月4日から2月6日の3日間、ベルサール渋谷ガーデンで開催する、第56回モーダ・イタリア展(Moda Italia 56th)と第66回シューズ・フロム・イタリー展(Shoes from Italy 66th)2020/2021年秋冬コレクションの概要を発表した。

スポンサードリンク


モーダ・イタリア展とシューズ・フロム・イタリー展は、ミラノなどで開催される世界の主要国際見本市に先駆けて、アパレル、レザー、シューズなど、イタリアの最新ファッションを発表するもの。

今回はトスカーナ州34社、ロンバルディア州20社をはじめ、カンパーニア州17社、マルケ州11社、ヴェネト州16社、エミリア・ロマーニャ州18社など、イタリア全土から、アパレル関連69社、レザー関連44社、シューズ関連25社の計138社が出展。レディースウエア(39社)、メンズウエア(7社)、ニットウエア(19社)、レザーウエア(13社)、ファー(15社)、バッグ&レザーグッズ(39社)、ファッション小物(20社)、レッグウエア(1社)、アクセサリー(7社)、婦人靴(23社)、紳士靴(15社)、子供靴(1社)の最新コレクションを紹介する(12月24日現在。アイテム別社数は重複有)。

また、最新トレンドの発信、来場者層拡大を目的としたイベントも継続。今回も日本のトップスタイリストが、出展社のアイテムをセレクトし、日本のマーケットにむけたコーディネイトを提案、会場内の撮影エリアで実際にモデルがアイテムを着用して、カメラマンが撮影するフォトシューティングを実施。イタリアファッションの最新トレンドとコーディネイトを来場バイヤーやプレスへ発信し、展示会の魅力をアピールする。

初日の18時から18時45分まで、会場地下1階コーヒーポイントでイタリアではおなじみのアペリティーボ”HAPPY HOUR”も行われる。

注:画像は前回の展示会から。

関連記事
第88回ミカム(MICAM)2020年春夏コレクションリポート1

第10回全国イタリア料理コンクール「The Authentic Italian Competition」決勝戦で大貫成規シェフ(FLATTORIA/東京)が優勝

イタリアのチョコレート・ジェラート専門店ヴェンキ(Venchi)の日本1号店となるヴェンキ銀座店がオープン

【会場】
ベルサール渋谷ガーデン 1F, B1F
【日時】
2020年2月4日(火)・5 日(水)・6 日(木)
10:00~18:00 (最終日のみ 17:00 まで)

スポンサーリンク
スポンサードリンク2




スポンサードリンク2




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク2