プレミアム・テキスタイル・ジャパン2020年秋冬とJFW ジャパン・クリエーション2020。「PIGGY’S SPECIAL ピッグスキン・ファッションショー」が開催

Pocket

PIGGY’S SPECIAL ピッグスキン・ファッションショーコトハヨコザワ(kotohayokozawa)

プレミアム・テキスタイル・ジャパン2020年秋冬(Premium Textile Japan 2020Autumn/Winter=PTJ)とJFW ジャパン・クリエーション2020(JFW JAPAN CREATION 2020=JC)が東京・有楽町の東京国際フォーラムホールで開催された。

2日目の11月20日には、JFW ジャパン・クリエーション関連プログラムとして、東京都と東京製革業産地振興協議会が主催する「PIGGY’S SPECIAL ピッグスキン・ファッションショー」がロビーギャラリー特設ステージで行われた。当日は午前2回の学生のショーと、午後2回のコトハヨコザワ(kotohayokozawa)の横澤琴葉、メグミウラ(MEGMIURA)の三浦メグ、ネイプ(NAPE_)の山下達磨の3人によるショーと学生作品によるショーが開催された。Text & Photo:Shinichi Higuchi(樋口真一)

スポンサードリンク


PIGGY’S SPECIAL ピッグスキン・ファッションショーコトハヨコザワ(kotohayokozawa)

よりたくさんの人に見てもらいたいという狙いから、午後をプロのデザイナーと学生の作品の両方を見せるショーにするとともに、会場もロビーギャラリーにした今回。

コトハヨコザワは、革の端の曲線や穴などレザーの持つ「そのままの状態」を活かしたコレクションを発表。

ネイプはウォッシャブルスウェードと発熱機能性トリコットを掛け合わせることで、豚革を普段使い可能なデザインに昇華させたコレクションを提案した。

メグミウラは、ビッグシルエットとネットによるドレープなど、構築的なカッティングに装飾を合わせて、衣類との距離、身体との距離をデザインしたコレクションを見せた。

コトハヨコザワ(kotohayokozawa)

ネイプ(NAPE_)

メグミウラ(MEGMIURA)

学生作品によるショー

スポンサーリンク
スポンサードリンク2




スポンサードリンク2




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク2