オニツカタイガーがクリスチャンダダ(CHRISTIAN DADA)の森川マサノリとのコラボレーションを発売。ブランド誕生70周年記念コラボレーションプロジェクト第3弾。

Pocket

オニツカタイガーは8月26日、一部を除く店舗とEC サイト(www.onitsukatigermagazine.com/store/user_data/70th-anniversary.php)で、クリスチャンダダ(CHRISTIAN DADA)の森川マサノリとのコラボレーションによるシューズとジャケット、パンツを発売する。価格はシューズ(ユニセックス)1万4000円、ジャケット3万6000円、パンツ(ユニセックス)2万円。すべて税別。

スポンサードリンク


ファッションとスポーツ、ヘリテージとイノベーションを融合させたコンテンポラリーなコレクションで、世界のファッショニスタを魅了し続けているオニツカタイガー。今回のコラボレーションはブランド誕生70周年を記念して、今年7月に発表した、国内外の人気デザイナー7人とのコラボレーションプロジェクト「Onitsuka Tiger 70th ANNIVERSARY × 7 DESIGNERS」の第3弾となるもの。

服を「着る」というだけの概念にとらわれず、各個人のアイデンティティの1つの「ツール」として表現するクリスチャンダダとのコラボレーションは、オニツカタイガーのクラフツマンシップとDADAISM が絶妙に融合し、ラグジュアリーに表現している。

シューズは、アーカイブのランニングシューズをベースとした「REBILAC RUNNER」を使用し、カラーはクリスチャンダダのブランドカラーであるブラックを採用。メッシュにレザーを組み合わせることで重厚感をもたらしている。履き口には、蛇が這(は)っているかのようにシューレースをあしらうなど、DADAISM(既存のシステムへの否定)を感じさせるディテールをデザインに落とし込んだ。

ジャケットは、オニツカタイガーのアーバンスポーティな雰囲気はそのままに、ソフトな素材を使用し、クリスチャンダダの定番的な緩やかなフィットのシルエットに仕立てた。また、両脇にはベンチレーションを施すことで、機能性とデザイン性を兼備させている。さらに、胸元とパンツのバックポケットの内側には、DADAISM の哲学でもあるステイトメントを記したラバーパッチを配し、インパクトを添えている。

ジャケットとパンツのカラーは、CHRISTIAN DADAのブランドカラーのブラックをはじめ、ダークトーンのグリーンとバーガンディーの全3色を展開する。

なお、特設サイト: http://www.onitsukatigermagazine.com/70th-anniversary/christiandadaとSNSでは、特別に撮り下ろした本コラボレーションのヴィジュアルやムービーを公開している。

関連記事
オニツカタイガーがクリスチャン ダダ、サルバムなど7人のデザイナーとコラボレーション。7月4日からチノとのコラボレーション発売

問い合わせは、オニツカタイガージャパン お客様相談室 TEL.0120-504-630

スポンサーリンク
スポンサードリンク2




スポンサードリンク2




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク2