ドラムタオ(DRUM TAO)2019年新作舞台「ザ・ドラマーズ」東京公演が開催。衣装にも注目。「ザ・ドラマーズ FINAL」開催も決定

Pocket

「ストーリー性を取り払い、ライブ感のあるものにしようと思いました」と語る江良拓哉さん。ドラムタオ(DRUM TAO)2019年新作舞台「ザ・ドラマーズ」東京公演が開催された。

スポンサードリンク


世界観客動員が800万人を超えるなど、伝統芸能の枠を超えて和太鼓をパフォーマンスとして表現し、世界で評価されているノンバーバル和太鼓エンターテイメント集団ドラムタオ。昨年はパリ「ジャポニズム2018」、「ロシアにおける日本年」などでも演奏したほか、国内では「第69回NHK紅白歌合戦」にも出演。単独演奏とともに、氷川きよしさんとのスペシャルコラボレーション「勝負の花道~世界に響く和太鼓スペシャル~」を行ったことも話題となった。今年は西亜里沙さんが率いるA組、岸野央明さんがリーダーを務めるK組、秋には新人チームS組が始動し、国内外あわせて年間700公演を行う。

ⓒDRUM TAO

A組が今年5月、ドラムタオの本拠地である九州からスタートした新作舞台「ザ・ドラマーズ」はストーリー要素を一切排除し、和太鼓でロックやポップ、バラード、クラシックなどを超越した、新しいジャンルの音楽を創造。伝統やルールにとらわれることなく、文化、音楽、世代など、あらゆるボーダーを超えた、ドラムが生み出すビートを全身で感じるドラムライブであり、「ドラムタオ史上、最もハイテンションでパワフルなステージ」となるもの。衣装は今回もコシノジュンコさんが手がけ、映像は2016年に初タッグを組んだ映像クリエイティブ集団ZERO-TENが担当。和装の直線的なニュアンスを取り入れたジャケットスタイルの衣装など、様々なカルチャーをミックスしたスタイル、強烈に響く音楽と光、エキサイティングなパフォーマンスなど、新時代の日本のエンターテインメントとなっている。

コシノジュンコさんによる衣装は黒をベースにシルバーをプラスした色使いや、ジャケットとパンツ、シャツとネクタイ、レザーなど、これまでとは全く違うムード。ジャケットやコートも身体の線を美しく表現したものが多く、また、ドラムタオの見所の1つである肉体美を強調するシーンや未来の甲冑をデザインしたものなども続いているものの、直接的に身体や肌を見せないアイテムも多く、衣装というよりも、そのまま着られそうな、ストリートやモード、性差を感じさせないというトレンドに近いデザインも目を引いた。

西亜里沙さん

7月10日、文京シビックホール・大ホールで開催された公演後、ドラムタオ座長でありA組のリーダーも務める西亜里沙さんは「ザ・ドラマーズ」について「かっこいいもの、ノリノリでライブ感のあるもの、ロックなものにしようと思いました」とした上で「衣装も、とにかくかっこいいもの、ストリートのようなステージやシーンに合うもので、見たことのないものになっています。激しいパフォーマンスの中で、どれだけ動いても大丈夫なように、実際にパフォーマンスをしながら、動きに合わせて、コシノさんがはさみを入れて、どんどん直していくので、出演した全員が違うデザイン、一人一人にあったデザインになりました」と笑顔。

江良拓哉さん

江良さんは「もともと、スーツでやりたい、スーツで太鼓をたたきたいということで、ジャケットやシャツ、コートなどもありますが、コシノジュンコさんの魔力にかかったようでした。かっこいいので、ステージ上で『俺を見てくれ』と思いました。今回はコシノジュンコマジック。服の魔力や衣装の力を感じました」などと話した。

生越寛康さん

生越寛康さんは「一人一人デザインが違いますし、着る人がアレンジすることも出来るようになっています。また、ジャラジャラしたディテールなどデザインされていても、実際に着るとすごく動きやすく、伸縮性があります。重さもあまり感じさせず、TAOの舞台の特徴である激しいパフォーマンスを可能にしています」と説明した。

「ザ・ドラマーズ」は今年、全国で約200公演を予定。

また、来年は2020年1月22日から1月24日の3日間、東京・渋谷のオーチャードホールで「ザ・ドラマーズ FINAL」を開催する。

Text & Photo:Shinichi Higuchi(樋口真一)。舞台写真はⓒDRUM TAO

ⓒDRUM TAO

ⓒDRUM TAO

ⓒDRUM TAO

ⓒDRUM TAO

DRUM TAO 「ザ・ドラマーズ FINAL」
日程 2020年1月22日 (水 ) ・23日 (木 ) ・24日 (金 ) 【全 4公 演 】
開催会場 東京・Bunkamura オーチャードホール(東京都渋谷区道玄坂 2-24-1 Bunkamura3F)
演出・制作 フランコドラオ
衣装デザイン コシノジュンコ
舞台デザイン 松井るみ
コンセプト 立川直樹
映像 ZERO-TEN
出演 DRUM TAO
公式サイト http://www.drum-tao.com/
チケット発売日2019年10月5日(土 )1 0 : 0 0~
チケット料金 S 席 8,700 円(1・2 階席) / A 席 6,000 円(3 階席)(全席指定・税込)※6 歳児未満入場不可
公演スケジュール
1月 2 2日 (水 )開 場 1 8 : 1 5 開 演 1 9 : 0 0
1月 2 3日 (木 )開 場 1 2 : 1 5 開 演 1 3 : 0 0
1月 2 3日 (木 )開 場 1 8 : 1 5 開 演 1 9 : 0 0
1月 2 4日 (金 )開 場 1 2 : 1 5 開 演 1 3 : 0 0 100 分 /全 4 公 演
チケット取扱い TAO オンラインストア、チケットぴあ、ローソンチケット、イープラス、サンライズオンライン
一般お問合せ サンライズプロモーション東京 0570-00-3337(全日 10:00~18:00)

関連記事
加藤綾子さんとコシノジュンコさん、チームラボの寺尾実さんが「Revolutionary New Drumming Entertainment in Tokyo 万華響-MANGEKYO-」2018ゲネプロ公演に登場

ドラムタオ(DRUMTAO)「RHYTHM of TRIBE~時空旅行記~」東京公演が今日7月27日まで開催。「TAOの夏フェス」は8月9日からスタート。

ドラムタオ(DRUM TAO)「RHYTHM of TRIBE~時空旅行記~FINAL」東京公演が2月に開催。会見フランコドラオさん、西亜里沙さん、岸野央明さんが登場

東京二期会「蝶々夫人」制作発表会が開催。宮本亜門さんと髙田賢三さんが登場

スポンサーリンク
スポンサードリンク2




スポンサードリンク2




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク2