第47回モード・イン・フランス(Mode in France)展の概要が発表。イネス・ド・ラ・フレサンジュなど50ブランドが出展

Pocket

INES_DE_LA_FRESSANGE_PARIS(イネス・ドゥ・ラ・フレサンジュ・パリ)

フランス婦人プレタポルテ連盟(Fédération Française du Prêt à Porter Féminin)は、7月24日から7月26日、東京・渋谷のベルサール渋谷ファースト地下1階で開催する第47回「モード・イン・フランス(Mode in France)」展2020年春夏コレクションの概要や参加ブランドなどを発表した。

スポンサードリンク


モード・イン・フランスは、フーズ・ネクスト(WHO’S NEXT)やトラノイ(TRANOI)などパリで開催される展示会に先駆けて、日本で最新コレクションを紹介するもの。

今回はイネス・ド・ラ・フレサンジュ(INES DE LA FRESSANGE)など、初出展の13社、15ブランドを含む、レディースウエア24ブランド、メンズブランド8ブランド、ランジェリー1ブランド、ジュエリー10ブランド、服飾雑貨7ブランドの44社50ブランドが出展。プレタポルテやランジェリー、ジュエリー、水着、靴、バッグ、ストール、傘などの最新コレクションを発表する。

OLOW(オロウ)

また、フランス婦人プレタポルテ連盟は昨年から「2019年7月の展示会までにメンズブランドの出展を強化することで、モード・イン・フランス展を更に発展させたい」としていたが、今回は「エスパス・ラベル」ゾーンは8ブランドのうち7ブランドがメンズブランド(うち2ブランドはレディースも展開)。その半数が今年6月にイタリア・フィレンツェで開催されたピッティ・イマージネ・ウオモ(Pitti Immagine Uomo)に出展したブランドになっている。

フランス婦人プレタポルテ連盟では、レディースとメンズを同時に発表することが当たり前になる中で、来年から会期も変更し、メンズの出展を増やしたい考えだ。

Text:Shinichi Higuchi(樋口真一)

関連記事
2020年のモード・イン・フランス(Mode in France)展の会期は1ヶ月後ろ倒しに。メンズの強化や東京オリンピックに対応。

モード・イン・フランス初出展ブランド

ACOTE(アコテ)

ACOTE(アコテ)

COTELAC(コテラック)

COTELAC(コテラック)

EKYOG(エキオグ)

EKYOG(エキオグ)

FILLANDISES(フィアンディーズ)

FILLANDISES(フィアンディーズ)

FRENCH_THEO(フレンチ・テオ)

FRENCH_THEO(フレンチ・テオ)

GILI’S(ギリズ)

GILI’S(ギリズ)

INES_DE_LA_FRESSANGE_PARIS(イネス・ドゥ・ラ・フレサンジュ・パリ)

LE_MONT_SAINT_MICHEL(ル・モン・サミッシェル)

LE_MONT_SAINT_MICHEL(ル・モン・サミッシェル)

MARY_LOU(マリ・ルー)

MARY_LOU(マリ・ルー)

NORTH_HILL(ノース・ヒル)

NORTH_HILL(ノース・ヒル)

OCEAN_SURPLUS(オセアン・シュルプリュス)

OCEAN_SURPLUS(オセアン・シュルプリュス)

OLOW(オロウ)

SPORTS_D’EPOQUE(スポール・デポック)

SPORTS_D’EPOQUE(スポール・デポック)

TOM&EMMA(トム・エ・エマ)

TOM&EMMA(トム・エ・エマ)

WATTINNE_PARIS(ワティン・パリ)

WATTINNE_PARIS(ワティン・パリ)

注:来場は業界関係者に限られます。また、受注商談会であるため、デザイン収集を目的とした来場はできません。

スポンサーリンク
スポンサードリンク2




スポンサードリンク2




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク2