「六本木アートナイト2019」が5月25日と26日に開催

Pocket

六本木アートナイト2019 メインビジュアル

六本木の街なかを移動する赤い玉、巨大バルーン、光る鳥、浮遊する岩。六本木の街を舞台にしたアートの饗宴「六本木アートナイト2019」が5月25日と26日の2日間、開催される。

スポンサードリンク


「六本木アートナイト」は、大都市東京における街づくりの先駆的なモデル創出を目的に開催されているもの。これまでヤノベケンジ、草間彌生、日比野克彦、蜷川実花、名和晃平など日本の現代アートをけん引するアーティストが参加。回を重ねるごとに発展し、東京を代表するアートの祭典となっている。

10回目を迎える今回は「夜の旅、昼の夢」をテーマに、アジアの現代アート界を代表するアーティストであるチェ・ジョンファを始め、多くのアーティストが六本木の街中にアートスポットを点在させ、現代アート、デザイン、映像、パフォーマンスなど、多様な作品を発表する。体験・参加型のプログラムも実施する。

また、森美術館、東京ミッドタウン、サントリー美術館、21_21 DESIGN SIGHT、国立新美術館など、各美術館やギャラリー、施設で開催されている展覧会の特別プログラムや、開館延長など連動企画も行われる。

六本木ヒルズアリーナ 完成イメージ

六本木ヒルズ 《フルーツ・ツリー》

果物や野菜がぎゅっと詰まった《フルーツ・ツリー》は、韓国のアーティスト、チェ・ジョンファによるカラフルなバルーン彫刻。枝から落ちたような果物や野菜はアリーナに配置され、空間を魔法の庭へと変えて見せる。合成ビニール製の彫刻は、自然界と人工物の双方にある美しさを表現している。
・日 時:5/25(土) 17:30〜5/26(日) 6:00、11:00〜18:00
・場 所:六本木ヒルズアリーナ
・参加料:無料

チェ・ジョンファ Photo Kim Dowon

六本木ヒルズ チェ・ジョンファ×南條史生「アーティスト・トーク」

「六本木アートナイト2019:夜の旅、昼の夢」メインプログラム・アーティストのチェ・ジョンファが、実行委員長の森美術館館長 南條史生とのトークを行う。
・日 時:5/25(土) 21:00~21:30
・場 所:六本木ヒルズアリーナ
・参加料:無料

シカゴでの展示風景 Photo Kurt Perschke

シカゴでの展示風景 Photo Kurt Perschke

RedBall Project(レッドボール・プロジェクト)

これまで32都市で実現され、六本木アートナイトで日本初上陸となる《レッドボール・プロジェクト》は、アメリカ人アーティストのカート・パーシキーによる周遊型パブリックアート。ゴムボールで出来たこの巨大な赤玉は、毎日移動を繰り返しながら、六本木の街なかを一週間にわたって巡回。固定、静止、永久性など、通常のパブリックアートの枠組みからユーモラスにはみ出す赤玉は、その絶え間ない動きで、街の地図を描き直す。

Photo Takuji Shimmura

Photo Takuji Shimmura

FUROSHIKI TOKYO展

パリで開催された「FUROSHIKI PARIS」で展示された、アーティストによるオリジナル風呂敷を日本初公開。また、「FUROSHIKI PARIS」報告展を行う。「FUROSHIKI PARIS」は、昨年、東京都とパリ市の文化交流事業「パリ東京文化タンデム2018」の一環として開催されたもの。アートディレクターに田根剛を迎え、パリ市庁舎前広場に唐草模様の風呂敷包みをイメージしたパビリオンを設置。日仏のアーティスト等がデザインしたオリジナルふろしきの展示や、風呂敷のインスタレーションを行った。また、市庁舎壁面の歴史的人物の石像にふろしき包みを持たせるインスタレーションや、パリ日本文化会館における展示やワークショップなども行い、日本の伝統や芸術であり、「世界で最初のエコバッグ」とされ環境の知恵でもある風呂敷の魅力を世界に発信した。
※アーティスト:北野武、草間彌生、コンスタンス・ギセ、ジャンポール・ゴルチエ、ニコラ・ビュフ、蜷川実花、細川護熙 ほか(五十音順/敬称略)
・日 時:5/25(土) 10:00〜5/26(日) 18:00
・場 所:六本木ヒルズ 毛利庭園 ヒルサイド側(六本木ヒルズアリーナ横)
・参加料:無料

関連記事

六本木アートナイト2019プレスプレビュー。開催に先駆けて作品の一部を公開

「ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道」が東京・六本木の国立新美術館で開催

六本木アートナイト2018が開催。キックオフセレモニーには小池東京都知事が出席

六本木アートナイト2019
日時:〈メインイベント〉2019年5月25日10:00~5月26日(日)18:00
開催場所: 六本木ヒルズ、森美術館、東京ミッドタウン、サントリー美術館、21_21 DESIGN SIGHT、国立新美術館、六本木商店街、その他六本木地区の協力施設や公共スペース
入場料: 無料(ただし、一部のプログラム及び美術館企画は有料)

スポンサーリンク
スポンサードリンク2




スポンサードリンク2




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク2