アカネ ウツノミヤ(AKANE UTSUNOMIYA)2019/2020年秋冬コレクション展示会

Pocket

蓮井茜さんがデザインするアカネ ウツノミヤ(AKANE UTSUNOMIYA)が、2019/2020年秋冬コレクションの展示会を行った。

アカネ ウツノミヤは2019/2020年秋冬コレクションでパンクからインスパイアされたコレクションを提案している。

スポンサードリンク


プレコレクションと2019/2020年秋冬コレクションを同時に発表。展示会ではプレコレクションと秋冬のミックスしコーディネートも見せた今回。

へそを出したデザインや肩を露出したデザインなど、パンクテーストと同ブランドらしいエレガントなスタイルやグリーン、ブルーなどのきれいな色が共存するデザインが今シーズンの特徴。

また、今シーズンはアカネ ウツノミヤとしては初めてとなるシューズ3型も登場。同ブランドが得意とする服と同じニットを使った靴や、今シーズンのテーマであるパンクの要素を取り入れた厚底シューズ、スリッパのようなフラットシューズを提案している。

蓮井茜さんは「ルックのバランスということでも必要だったし、ブランドのスタイルが伝わりやすいと思ったのでシューズを作りました。シューズは今後も続けていくつもりです」と話している。

蓮井茜は2007年イギリスのセントラル・セントマーティンズ美術大学卒業。2009年にアカネ ウツノミヤブランドをスタート。ニットを得意としており、「東京発 日本ファッション・ウィーク(JFW in Tokyo)で、天津憂などとともに第2回新米クリエーターズプロジェクトに選出された。

スポンサーリンク
スポンサードリンク2




スポンサードリンク2




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク2