KHギャラリー銀座「小篠弘子×ヒロココシノ アートとデザインの循環」が3月16日まで銀座で開催

Pocket

KHギャラリー銀座企画展「小篠弘子×ヒロココシノ アートとデザインの循環」が1月21日から3月16日まで、東京・銀座のKHギャラリー銀座で開催されている。

コシノヒロコさんは2017年に、コレクションで発表した服を絵画に見立てて、アクリルケースに入れるなど、歴代のコレクションの中から選んだ服を「質、形、色」という絵画の造形要素から再解釈した3つの部門で展示、アートの視点からファッションをとらえ直した展示会「コシノヒロコ 衣の中に見る絵画」を開催しているが、今回の展覧会は、ヒロココシノの膨大なコレクションから選ばれた服を展示することで、「アートとデザインの密接な関係」を紹介するもの。

スポンサードリンク


今回、会場では2013/2014年秋冬コレクションや2014年春夏コレクションなど、6体のコレクションとテキスタイルなどを展示。オリジナルデザインのテキスタイルを使った服と、そのテキスタイルをコラージュして描いた絵画、更に、絵画を布にプリントして作られた服、形を変えて発展していくイメージを、巨大な額を使ったインスタレーションによって表現している。

また、デジタル技術で手描きの絵を布地に再現したテキスタイルや、水墨画のように、コシノが布に直接絵を描いた貴重な服も絵画として鑑賞できるように展示。作品の中には昨年、ニューヨークの展覧会で発表した服も含まれている。服作りの原点となるスタイル画のジクレーも特別販売している。

平面と立体、二次元と三次元(3D)の境界線を越えた表現。画家小篠弘子とファッションデザイナーのコシノヒロコ、「ヒロココシノ」ブランドのコラボレーションとでも呼べそうな展覧会だ。

Text & Photo:Shinichi Higuchi(樋口真一)

展覧会概要
KHギャラリー銀座「小篠弘子×ヒロココシノ アートとデザインの循環」
休廊日 1月27日日曜日、2月3日日曜日、2月17日日曜日、3月3日日曜日。
KHギャラリー銀座 東京都中央区銀座4の3の13和光並木通ビル地下1階
開廊時間10:30~19:00
料金:入場無料
お問い合わせ:KHギャラリー銀座 03-5159-6877

スポンサーリンク
スポンサードリンク2




スポンサードリンク2




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク2