ユニクロ(UNIQLO)Life WARE 2019年春夏コレクション展示会開催リポート。新しい時代の春夏も24時間ユニクロで

Pocket

ユニクロ(UNIQLO)は2019年春夏コレクションの新作アイテムを紹介する展示会「Life WARE 2019年春夏プレゼンテーション(Life WARE SPRING/SUMMER 2019 PRESENTATION)」を開催した。

スポンサードリンク


着る人の生活をよりよくするために合理的に考え抜かれた服、毎日の生活をより素敵に、より快適に過ごすための服を提案するユニクロのLifeWear。

「新しい時代の春夏も24時間ユニクロで」ということから、展示会の会場を時計のような空間にした今回。入り口を入ってすぐの場所には、ユニクロが最も得意とするブロックテック(BLOCKTECH)や感動パンツ(KANDO Pants)をはじめとする機能性ウエアを展示している。ブロックテックパーカは、メンズはスポーツやアクティブなシーンでより動きやすさと快適さが増すデザイン、ウィメンズはディテールをタウンユース仕様にするなどディテールのデザインをアップデートするとともに、レッドやイエローなどの鮮やかな色をプラス。ブロックテックモッズコートは、ウィメンズが登場する。東レとプロゴルファーのアダム・スコット選手との共同開発でうまれた感動パンツは、コットンライク/ウールライクの光沢感を見直し、感動ジャケットとのセットアップでビジネスシーンにも取り入れやすいマットな質感に改善している。

また、ファッション性の高い商品のゾーンでは、100パーセントリネンだからこそ表現できる発色の良さなどが特徴のプレミアムリネンシャツなど、メンズ、ウィメンズともリネンが更に充実。プレミアムリネンシャツは、カジュアルからクリーンなスタイルまでの幅広い着こなしに対応できるよう、今シーズンは色・柄・デザインを 大幅にバージョンアップ。メンズはUniqlo Uからワイドフィットでリラックス感のある半袖シャツ が、ウィメンズではスキッパーシャツがそれぞれ新登場。ビビッドカラーやアースカラー、チェックなど色・柄のバリエーションも広がっている。メンズではリネンのジャケットやカーディガンなども提案している。

2018/2019年秋冬コレクションに続きレギンスを提案していることや自然からインスパイアされたようなきれいな色使い、ロング丈のスカート、部屋の中だけでなくワンマイルウェアとしても着られるように、上下ともにデザインをブラッシュアップしたパジャマなどもポイントになっている。

一方、クリストフ・ルメール(CHRISTOPHE LEMAIRE)が率いるユニクロパリR&Dセンターのデザイナーチームによるユニクロ ユー(Uniqlo U)は、ロゴを変えるとともに、アースカラー や濃淡豊かな色合い、大胆な柄など、遊び心あふれる鮮やかな色彩からインスピレーションを受けたデザインや3Dニットなどを提案。

11シーズン目を迎えるイネス・ド・ラ・ フレサンジュ(INES DE LA FRESSANGE)とのコラボレーションでは、「サントロペ -色あせないフレンチシックを求めて-」をテーマに、イネス自身が生まれ幼い頃から幸福な休日を過ごした南仏の港町サントロペをイメージソースにしたコレクションを発表。コレクションを象徴するネイビーをベースに、サントロペの町並みをほうふつとさせるキャラメルカラーをプラスしていることや花柄が登場しているほか、シャンブレー素材のセットアップやリゾート感あふれるワンピースなども提案している。

そのほか、ユニクロのグラフィックTシャツブランド「UT」では、日本のカルチャーを世界に伝えるコンテンツは、世界に誇るSAKEをフィーチャーしたSAKAGURAが登場。また、様々なブランドとコラボレーションする 「ザ・ブランズ」では、日本発のお菓子をピックアップしていて、明治、不二家、森永のお菓子をモチーフにしたグラフィックが登場する。

Text & Photo:Shinichi Higuchi(樋口真一)

関連記事
ユニクロが2019年春夏パリコレクション中にニット展覧会を開催

スポンサーリンク
スポンサードリンク2




スポンサードリンク2




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク2